【F1】レッドブルがダニエル・リチャルドの2014年レギュラードライバー起用を正式発表

©RedBullRacing
©RedBullRacing

 インフィニオン・レッドブル・レーシングは2日、2014年のドライバーズラインナップを発表。すでに契約更新が完了していたセバスチャン・ベッテルに加え、現在スクーデリア・トロ・ロッソでドライブするダニエル・リチャルドを起用することが明らかになった。

 オーストラリア出身で現在24歳のリチャルドは、レッドブル育成ドライバーとして育てられてきた期待の若手の1人で、F1の若手ドライバーテストにレッドブルから参加することもあった。2011年には同チームのリザーブドライバーになる一方、シーズン後半にはHRTのシートを獲得しF1デビュー。翌2012年からは姉妹チームであるトロ・ロッソのレギュラーシートを獲得。2年目となる今シーズンは第3戦中国GPで7位に入るなど、ベルギーGP終了時点で12ポイントを獲得。ランキング14位につけている。

 レッドブルから発表されたリリースでリチャルドは「この日を迎えられて本当に嬉しい。来年は“チャンピオンチーム”の一員としてシーズンに挑むことになるだろう。もちろん、それだけ求められる結果も高くなるが、その準備は出来ている。自分自身、そしてチームのためにベストな結果を出したい。またセバスチャン・ベッテルという強力なドライバーの僚友となれるのは光栄なことだし、すごくチャレンジングなこと。今年はトロ・ロッソで出来る限りの結果を残し、シーズンオフを経て、来年は自分のF1キャリアで新しいステップに進みたい。」とコメント。

 マーク・ウェバーの引退表明以降、現王者ベッテルのパートナーに誰が入るのかという話題でもちきりだったF1のパドック。当初はキミ・ライコネンを起用するのではという噂もあったが、チャンピオン経験者やそれに匹敵するドライバーを選ぶのではなくベッテルの後継者に将来育ってくれる若手有望株を起用する決定を下した。

この選択が、来シーズン以降どのような結果を生み出すのか、今から非常に楽しみだ。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る