【SGT】2013第6戦富士:恒例イベントも大盛況。各チームでは手荒いバースデイパーティも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

SUPER GT第6戦富士。7日の予選日は、ももいろクローバーZが来場し盛り上がった富士スピードウェイだが、通常のサーキットイベントも大盛況だった。グランドスタンド裏にあるイベントステージでは恒例のスポンサーPRステージが行われ、各チームのレースクイーンが登場。首都圏に近い富士スピードウェイでの開催と合って予選日から多くのファンがステージに詰め掛けた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

その後ろにある広場では10月に開催されるWEC富士のPRブースが設置され、昨年ここで優勝したトヨタTS030ハイブリッドが展示されている他、FSWのイメージガール“クレインズ“も登場し、訪れたファンにパンフレットを配るなどPRを行っていた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

夕方のキッズピットウォークでは多くのお子様が参加し、いつもと変わらない和やかな雰囲気に。子どもたちは広いFSWのピットロードを駆けまわりチームの応援フラッグやグッズなどをもらっていた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

一方、各チームのピットでは誕生日が近いドライバー・チーム監督のお祝い会も開催されていたが、こちらも“お決まり”のように少々手荒い祝福をうけることに。まずはJLOCのピットでは先日9月2日に33歳の誕生日を迎えた吉本大樹選手をお祝い。しかし、このチームにはいたずら好きの織戸学/青木孝行コンビがいるため、吉本とパートナーの山内英輝はご覧のとおりの展開になってしまった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

GT300クラスでポールポジションを獲得したARTAでは鈴木亜久里監督が8日に誕生日であるということと9月4日に誕生日を迎えた松浦孝亮選手も一緒にお祝いしたが、こちらも手荒い祝福を受けることに。しかも、そのお祝いに駆けつけていたウイダーモデューロHSV-010の山本尚貴選手もなぜか巻き込まれてしまい、前回鈴鹿での初優勝を意外な形で祝福された。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

このようにお昼のピットウォークとは違う雰囲気で行われるキッズピットウォーク。中学生以下のお子様とそのご家族が対象になるが、参加無料。ピットウォーク券やパドックパスを持っていなくても入場できるため、機会があれば是非参加していただきたいイベントだ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る