【SGT】2013第6戦富士:レース戦略が見事的中!初音ミクBMWが今季初優勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 SUPER GT第6戦富士の決勝レース。GT300クラスはセーフティカーの導入で混乱した展開を味方につけたGSR初音ミクBMW(谷口信輝/片岡龍也)が5番手スタートから大逆転の優勝を飾った。

©KANSENZYUKU

 ARTA CR-Z GT(高木真一)がポールポジションで始まったGT300クラス。スタートで2番手のS Road NDDP GT-R(佐々木大樹)が1コーナーでアウトから抜きトップに浮上。それをCR-Z GTの2台が追いかける展開となる。しかしところが55号車ARTAにアクシデントが発生し緊急ピットインポールポジションを獲得していただけに悔しい後退となってしまう。これでMUGEN CR-Z GT(武藤英紀)とGSR初音ミクBMW(片岡龍也)がそれぞれ2,3位に上がり中盤戦に突入。今週はGT3仕様のGT-R勢が好調で、その中でも一番実力がある3号車が、このまま逃げ切るかと思われたが、予想外の展開が待ち構えていた。

©KANSENZYUKU

 GT500クラスが19周目に突入したところでEPSON HSV-010(道上龍)がクラッシュしセーフティカーが導入。ここで3位の4号車がピットに入り、いち早くドライバー交代を済ませる。一時は順位を落としてしまうが、セーフティカー中なのでタイム差が少ない状態で、レース再開。3号車、16号車をはじめ、多くのマシンがドライバー交代を完了しておらず、レース中盤に続々とピットイン。この間に着実に周回を重ねていた4号車が42周目でトップに浮上。その時点で後続に対し30秒近いリードを築いていたが、後半スティントを担当した谷口は最後まで気を緩めない走りでポジションをキープ。結局2位に47秒もの大差をつけフィニッシュ。昨年5月にここで行われた第2戦以来、約1年4ヶ月ぶりの優勝を勝ち取った。2位にはPanasonic apr PRIUS GT(新田守男/嵯峨宏紀)、3位にはクリスタルクロコ ランボルギーニ GT3(山西康司/細川慎弥)が入った

©KANSENZYUKU

 今年はJAF-GT勢の躍進により上位争いができなかった初音ミクBMW。前回鈴鹿1000kmではヨルグ・ミューラーを第3ドライバーとして迎え2位フィニッシュを果たすも、その後の車検で違反が見つかり失格。そのリベンジを果たす勝利となった。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る