【WEC】2013第5戦オースティン:2号車アウディが優勝、可夢偉はクラス表彰台を獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©DPPI MEDIA
©DPPI MEDIA

 2013のWEC第5戦オースティン。テキサス州のサーキット・オブ・ジ・アメリカズで6時間耐久レースの決勝レースが現地時間の22日(日)に行われた。金曜日のフリー走行時には大雨が降るなど荒れた天候となったが、決勝日は快晴。終盤までドライコンディションの中でレースが行われた。

 スタート直後にLMP2のマシンがスピンを喫しコース上にストップ。いきなりセーフティカーが導入される。開始から13分経って再スタートが切られると3番手の8号車トヨタが積極的に仕掛けていく。まずは2位の1号車アウディを抜いて2位に上がると、開始1時間に差し掛かったとことで行われた1回目のピットストップでタイヤ無交換作戦を敢行。これで首位を走る2号車も逆転しトップに浮上した。しかし、新品タイヤを履く2号車の方が速く、すぐに接近戦に。8号車に乗り込むセバスチャン・ブエミも必死にブロックを試みるが逆転を許してしまう。一方、前回サンパウロで優勝している1号車は序盤の8号車とのバトルや、他クラスのマシンを追い抜いた際の接触でマシンにダメージを負い、ガレージでの修復がありタイムロス。一時はLMP1クラス最下位の4位に転落してしまう。

©DPPI MEDIA ©DPPI MEDIA
©DPPI MEDIA

 後半になっても2号車と8号車のバトルは展開された。今年のル・マンを制しているアラン・マクニッシュ/ロイック・デュバル/トム・クリステンセン組の2号車が徐々にリードを築いていくが、ピットのタイミングで8号車のセバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビッドソン/ステファン・サラザン組がトップに躍り出るという僅差の間隔。終盤共に両者ミスの許されない緊迫したレースとなった。最終的に確実に周回を重ねた2号車がトップチェッカー。今季3勝目をマークした。8号車トヨタは優勝こそ手が届かなかったものの23秒差の2位フィニッシュ。次回の地元富士スピードウェイに向けて手応えを掴むレースとなった。3位にはアクシデントで後退していたアンドレ・ロッテラー/ブノワ・トレルイエ/マルセル・ファスラー組の1号車アウディが追い上げて表彰台を獲得している。

©DPPI MEDIA ©DPPI MEDIA
©DPPI MEDIA

 また小林可夢偉が参戦するLMGTE-Proクラスは、スタートからクラスPPのブルーノ・セナ/フレデリック・マコヴィッキィ組の99号車アストンマーチンと可夢偉/トニ・バイランダー組の71号車AFコルセによるマッチレースが展開。スタートドライバーを務めたバイランダーが序盤にポルシェ2台を抜き去り2位に浮上。可夢偉も昨年F1でオースティンを走っており、その経験を活かし激走。レース中盤には一時トップに浮上する。そこにジャンカルロ・フィジケラ/ジャンマリア・ブルーニ組の51号車AFコルセも加わり三つ巴の展開に。最終的に99号車が意地をみせ再びトップを奪還。猛追するフェラーリ458の2台に15秒の差をつけ今季2勝目を飾った。可夢偉はアンカーを務め51号車のブルーニと接近戦を演じたが最後は一歩及ばず3位フィニッシュ。それでも第2戦スパ・フランコルシャン以来となる表彰台を獲得した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る