【F1日本GP】好評のサイン会では、いきなりベッテル登場!!大盛況で木曜イベントを終える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

開幕を明日に控えたF1日本グランプリ。鈴鹿サーキットでは恒例となったドライバーサイン会が行われた。今年もピットウォークに参加したファンのうち、抽選で660名が選ばれ、サイン会への参加権をゲット。ドライバーはランダムで選ぶことができないが、必ず1人のサインはもらえる。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

16時のサイン会を前に、会場となるグランドスタンドの下段には当選したファンが集まり、上段のV2も大半の席を埋め尽くすファンが集まり、この日一番の熱気となった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

基本的に登場するドライバー・チームもランダムなのだが、スケジュールの関係でセバスチャン・ベッテル(レッドブル)がいきなり登場。ファンの大歓声笑顔で応え、手を振っていた。時間がないと言っていたベッテルだが、予定の人数を終えると「これで終わり?もっとファンを呼んでよ!」と自ら関係者にリクエスト。急遽、V1席にいた小さなお子様限定で追加のサイン会が行われ、1人1人笑顔でサイン。そして最後は帰り際にスタンド前まで歩み寄り、チームが用意したカードにサインをしてファンに手渡した。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

現チャンピオンの大サービスで最初からファンのテンションも最高潮。この他にも続々と各チームのドライバーが登場。バトンは「コンニチハ!ゲンキデスカ?レースタノシンデクダサイ!」と日本語で挨拶。来日するたびに上達している様子だった。この他にも何人かのドライバーが「コンニチハ!」「ガンバリマス!」など日本語で挨拶するなど、彼らも本当に今回のレースを楽しみにしていた様子だった。

©KANSENZYUKU

後半になって残りチームも少なくなると、現在ランキング2位のフェラーリチームが登場。フェルナンド・アロンソ、フェリペ・マッサに加え、今年はWECで活躍中の小林可夢偉が登場。ファンに元気な姿をみせた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

そして、最後には今年でF1を引退するマーク・ウェバーが登場。最後まで待ってくれていたファン1人1人に丁寧にサインをすると、ファンの声援に応え、スタンドへ。時間の許すかぎり差し出されたプログラムや色紙、グッズなどにサインをしていた。

こうして今年も大大大盛況に終わったピットウォークとサイン会。いよいよ明日から本番となるレースウィークがスタートする。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. [table id=76 /]…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  3. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  4. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…
  5. 「F1日本グランプリ」開催にあわせて、名古屋~鈴鹿サーキット稲生間に全車指定席の臨時特急「鈴…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る