【F1】2013第15戦日本GP:フリー走行1回目はハミルトンが最速、ベッテルはロングランを徹底

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

ついに開幕した2013F1日本グランプリ。早速、鈴鹿サーキットではフリー走行1回目が行われた。週末では初の走行セッションということで、各車マシンのチェックや今回ピレリが持ち込んだミディアムとハードの比較テストを行っていた。

今週は水曜日に局地的な大雨に見舞われ、さらに昨晩もまとまった雨が降った鈴鹿サーキット。まだ路面状況も良くはなく午前中のセッションかコースオフするマシンが続出。早速ジュール・ビアンキ(マルシャ)がデグナー2つ目でクラッシュするなど、初めての鈴鹿攻略に四苦八苦していた。

またセッション後半にはパストール・マルドナード(ウィリアムズ)の左リヤタイヤがスプーンカーブで脱落。特に大きなクラッシュはなく、スピンしたマルドナードはコース脇にマシンを止めた。その際に脱落したタイヤを鈴鹿のコースマーシャルが素早く回収。シーンが国際映像で紹介され、プレスセンターにいる海外ジャーナリストからは拍手が沸き起こった。ちょうど先週行われた韓国GPではマーシャルの動きが悪くマーク・ウェバー(レッドブル)のマシンの消火が遅れるなど、問題に。一方、毎回訓練をして練度を上げている鈴鹿のマーシャルのレベルの高さが証明されたシーンでもあった。

この1回目のセッションでトップタイムを記録したのはルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)。1分34秒157を記録した。2位には同僚のニコ・ロズベルグが入り、レッドブル絶対有利だった鈴鹿でメルセデスAMG勢がワン・ツー発進をみせた。ここ鈴鹿で4度目のチャンピオンを決める可能性があるセバスチャン・ベッテル(レッドブル)は、序盤に1分34秒768を叩きだすと、そこからハードタイヤを装着し、決勝を想定して12周連続で周回。タイムもきれいに1分38秒台を並べ、すでに日曜のレースの準備を始めていた。

今日は、この後14時00分からもフリー走行2回目が行われる。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. [table id=76 /]…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  3. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  4. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…
  5. 「F1日本グランプリ」開催にあわせて、名古屋~鈴鹿サーキット稲生間に全車指定席の臨時特急「鈴…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る