【F1日本GP】今年のアフターイベントには浜島裕英氏が登場。コースウォークも大人気

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

今年は決勝日に8万6000人を動員し、最後まで盛り上がった雰囲気の中で開催されたF1日本グランプリ。レースウィークは昨日で終了したが、今年もアフターイベントが14日(月・祝)に開催され、朝から多くのファンが来場した。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

この日は、先着5,000人に前日の表彰式の写真を使用した「ウィナーズカード」が配布されるということもあり、午前9時30分の開門前からメインゲート長蛇の列。ボウリング場を超え、円形トイレにまで達していた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

係員の誘導に従いGPエントランスまで移動すると、出来立てのウィナーズカードを手にグランドスタンドへ。午前10時00分からはアフターイベント恒例のトークショーがスタート。今年は元ブリヂストンF1タイヤ開発責任者で現在はフェラーリチームで活躍する浜島裕英氏が登場とモータースポーツジャーナリストの小倉茂徳氏が登場。昨日のレースでの戦略面を振り返り、時には裏話も出てくるなど、スタンドに詰めかけたファンも熱心に聞き入っていた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

トークショーを終え、帰ろうとした浜島氏だが、スタンド最前列にいるファンに呼び止められ、サインの対応。ドライバー同様に時間が許す限りサインをしていた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

この後、メインストレート上が開放されファンは決勝レースがスタートしたグリッド上へ。それぞれ好きなドライバーが獲得したグリッドへ行き記念撮影。やはりセバスチャン・ベッテル(レッドブル)がスタートした2番グリッドが一番人気だった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

その他にも撤収作業が完了し、今度は第16戦インドGPへ移動するセーフティカーやチーム機材の準備が完了。それを記念撮影する姿も見られた。こうして、実質的に水曜日の搬入・設営日から月曜のアフターイベントまで6日間。今年もあっという間にF1日本グランプリは終わってしまったが、昨年と変わりなく来場者の表情は笑顔が多く、帰り際には自然と「また来年!」という言葉が聞こえた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る