【F1】2013第16戦インドGP:ここで4連覇が決まるか?ベッテルのチャンピオン決定条件

©Pirelli
©Pirelli

 日本時間の27日(日)18時30分にスタートが切られるF1第16戦インドGP。注目はポールポジションからスタートするセバスチャン・ベッテル(レッドブル)。今回の結果次第で4年連続のワールドチャンピオンが決まることになる。決定条件は以下のようになる。

<ベッテル、インドGPでのチャンピオン決定条件>
・5位以内→無条件で確定
・6~8位→アロンソが2位以下
・9位以下→アロンソが3位以下

 ここまで15戦を終え、9レースで勝利しているベッテル。それだけではなく表彰台を逃したのも3レースのみ。第8戦イギリスGPでのリタイア(マシントラブル)を覗いては全て4位以内でフィニッシュするという安定した速さ・強さをここまで披露してきた。

 今週末のインドGPでも金曜フリー走行からトップタイムを連発。予選では2位のニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)に0.7秒の大差をつける速さで今季7度目のポールポジションを勝ち取った。一方、アロンソはQ3でタイムが伸びず8位。ベッテルの4連覇を阻止するためには最低でも自身が2位以内に入らなければいけない状況下で苦しい順位からのスタートとなる。

©Pirelli
©Pirelli

 いよいよ数時間後に迫った決勝レース。5位以内であればチャンピオンが決まるとあってベッテルとしては無理に勝ちに行く必要はない。だが、勝ってチャンピオンを決めたいという気持ちは強く持っているだろう。というのも、これまでの3年間で優勝してチャンピオンを決めたのは2010年(最終戦アブダビGP)のみ。2011、2012年はライバルの速さに屈した。それだけに今年の彼を象徴する「他を圧倒するレース」で今回も優勝し、史上最年少での4年連続チャンピオンを決めたいところだろう。

 ただ、ランキング2位で追いかけるアロンソも諦めていない。予選こそ8位に沈んだものの、レース戦略を考えてミディアムタイヤで予選をアタック。これによりスタート時からミディアムを履くことが出来る。一方のベッテルはソフトタイヤでのスタート。これが60周のレースでどう影響してくるのか?今日の決勝は、今まで以上に見逃せない1戦となりそうだ。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る