【TAS2014】今年も東京オートサロン2014が開幕!今年はメルセデス・ベンツが初出展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 今年も世界最大級のカスタムカーショー「東京オートサロン2014 with NAPAC」が開幕した。今回も千葉県の幕張メッセを全館使用し、全428社、840台のカスタムカーが集結した。初日は報道・関係者向けの特別招待日に合わせ金曜日の特別公開チケットを購入した方が入場できる一般公
開日となっている。

 早朝は気温1℃と厳しい寒さとなった幕張メッセだが、朝から多くの報道関係者やゲスト、さらに特別公開のチケットを持った熱心なクルマ好きが来場。午前9時の開門と同時に今年もオートサロンならではの盛り上がりを見せ始めている。

 最近はホンダ、日産、トヨタ、スバルなど国内自動車メーカーも出展し注目度が上がってる東京オートサロンだが、今回は初めて海外からメルセデス・ベンツが出展。大きくブース展開をし、計17台のメルセデス・ベンツ/AMG関連車両が来場者を出迎えていた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 早速9時30分から行われたプレスカンファレンスではAMGが誇る新型車「A45 AMG 4MATIC」のカスタムオーダープログラム「PETRONAS Green Edition」を発表。F1でも活躍するメルセデスAMGペトロナスF1チームの血が流れるスペシャル限定モデルを限定30台で販売するとのことだ。

 メルセデス・ベンツ日本株式会社の上野金太郎社長は「今年も世界最大のカスタムカーショーに集まる多くのクルマ好きの皆様にメルセデス・ベンツ/AMGの車両を楽しんでもらいたい」とコメント。

 明日からの一般公開でも、このA45 AMG 4MATICに加え、昨年の東京モーターショーでも登場したSLS AMG GT Final Editionなどメルセデス・ベンツ/AMGが誇るカスタムカーがずらりと並んでいる。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 もちろん、国内メーカーも様々なカスタムカーに加え、今年もSUPER GTなどのレース参戦車両も登場。特に今年から新型規定の車両になるSUPER GTのGT500クラスは、ホンダブースにNSX GTコンセプト、日産ブースにGT-R、レクサスブースにLF-CCが展示されている。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 今日は18時まで特別公開が行われ、一般公開は明日午前9時から行われる。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 東京・お台場で開催される恒例のモータースポーツイベント「モータースポーツジャパン2018 フ…
  2. 今年も東京・お台場で4月14・15日に開催される「モータースポーツジャパン2018 フェステ…
  3. [table id=81 /]…
  4. 2018年のピレリ スーパー耐久第1戦「SUZUKA“S耐”春の陣」の決勝が4月1日に行われ…
  5. 2018年のモータースポーツシーズンがいよいよスタート。国内4輪のビックレースの一つであるピ…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る