【SF】2014年のトヨタエンジン搭載チームの体制を発表。元F1ドライバーのカーティケヤンも参戦

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 トヨタは30日、東京お台場のMEGAWEBで2014年モータースポーツ参戦体制発表会を行い、全日本選手権スーパーフォーミュラへの参戦体制を発表した。

 今シーズンも7チーム11台のマシンにエンジンを供給。今年からレギュレーションが変わり新開発の直列4気筒2リッター直噴ターボエンジン「RI4A」を使用することになる。注目のドライバー体制は以下のとおりとなった。

【2014スーパーフォーミュラ(トヨタエンジン勢)参戦体制】
[KONDO RACING]
No.3:ジェームス・ロシター
[Team LeMans]
No.7:平川亮、No.8ロイック・デュバル
[KCMG]
No.18:中山雄一
[TEAM IMPUL]
No.19:ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ、No.20ナレイン・カーティケヤン
[PETRONAS TEAM TOM’S]
No.36:アンドレ・ロッテラー、No.37:中嶋一貴
[P.MU/CERUMO・INGING]
No.38:石浦宏明、No.39:国本雄資
[TOCHIGI Le Beauset Motorsports]
No.62:嵯峨宏紀

 注目はインパルに元F1ドライバーのナレイン・カーティケヤンが加入。2001年のフォーミュラ・ニッポン以来、12年ぶりに日本の舞台でレースをすることになる。これにより松田次生がチームを離脱することになった。セルモ/インギングは平手晃平に変わり石浦宏明が加入。2年ぶりに国内トップフォーミュラに挑戦する。なおチームメイトは昨年のJAFGPで優勝した国本雄資だ。

 昨年はWECで全戦参戦できなかったアンドレ・ロッテラーとロイック・デュバルだが、今年は日程的に全戦参戦が可能の模様。それぞれトムスとルマンに残留し、タイトル奪取を狙う。

 この他にも、KONDO RACINGには昨年トムスから2戦のみ参戦したジェームス・ロシターが入り、KCMGは昨年の全日本F3王者の中山雄一を起用している。

 今年からマシンが新しくなるスーパーフォーミュラ。トヨタエンジン勢の活躍から目が離せない。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る