【SF】2014年のトヨタエンジン搭載チームの体制を発表。元F1ドライバーのカーティケヤンも参戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 トヨタは30日、東京お台場のMEGAWEBで2014年モータースポーツ参戦体制発表会を行い、全日本選手権スーパーフォーミュラへの参戦体制を発表した。

 今シーズンも7チーム11台のマシンにエンジンを供給。今年からレギュレーションが変わり新開発の直列4気筒2リッター直噴ターボエンジン「RI4A」を使用することになる。注目のドライバー体制は以下のとおりとなった。

【2014スーパーフォーミュラ(トヨタエンジン勢)参戦体制】
[KONDO RACING]
No.3:ジェームス・ロシター
[Team LeMans]
No.7:平川亮、No.8ロイック・デュバル
[KCMG]
No.18:中山雄一
[TEAM IMPUL]
No.19:ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ、No.20ナレイン・カーティケヤン
[PETRONAS TEAM TOM’S]
No.36:アンドレ・ロッテラー、No.37:中嶋一貴
[P.MU/CERUMO・INGING]
No.38:石浦宏明、No.39:国本雄資
[TOCHIGI Le Beauset Motorsports]
No.62:嵯峨宏紀

 注目はインパルに元F1ドライバーのナレイン・カーティケヤンが加入。2001年のフォーミュラ・ニッポン以来、12年ぶりに日本の舞台でレースをすることになる。これにより松田次生がチームを離脱することになった。セルモ/インギングは平手晃平に変わり石浦宏明が加入。2年ぶりに国内トップフォーミュラに挑戦する。なおチームメイトは昨年のJAFGPで優勝した国本雄資だ。

 昨年はWECで全戦参戦できなかったアンドレ・ロッテラーとロイック・デュバルだが、今年は日程的に全戦参戦が可能の模様。それぞれトムスとルマンに残留し、タイトル奪取を狙う。

 この他にも、KONDO RACINGには昨年トムスから2戦のみ参戦したジェームス・ロシターが入り、KCMGは昨年の全日本F3王者の中山雄一を起用している。

 今年からマシンが新しくなるスーパーフォーミュラ。トヨタエンジン勢の活躍から目が離せない。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る