【INDY】2014第1戦St.ピーターズバーグ:琢磨が得意のストリートコースでポールポジション!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©INDY CAR
©INDY CAR

 2014年のVERIZON インディカーシリーズが開幕。第1戦の舞台St.ピーターズバーグで現地時間の29日に公式予選が行われ、インディ参戦5年目を迎えた佐藤琢磨(AJフォイトレーシング)が通算4度目のポールポジションを勝ち取った。

 予選前まで振り続けた雨の影響でセッションスタート時刻が大幅に変更。ウエットからドライへ変わっていく難しいコンディションになってしまう。前日のプラクティスでもトップタイムを記録し、好調だった琢磨はセグメント1(Q1)から積極的に攻めていき順調に次のラウンドへ。12台から最終ラウンドへ進める6台を絞り込むセグメント2では、なんとトップタイムをマーク。

 ポールポジションを決するファイアストン・ファストシックス(Q3)は、前年のチャンピオンであるスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)をはじめ、トニー・カナーンやライアン・ハンターレイなど昨年優勝メンバーがズラリと揃う激戦に。それでも琢磨の勢いは止まることなく、セッション開始時から好タイムを連発。そして、残り時間わずかとなったところで渾身のアタックをみせ、1分01秒8686をマーク。唯一の1分01秒台で2位のカナーンに0.3秒も差をつけ、見事ポールポジションを勝ち取った。また、久しぶりにアメリカのオープンホイールカテゴリーに戻ってきた元F1ドライバーのファン・パブロ・モントーヤ(チーム・ペンスキー)は18位だった。

©INDY CAR ©INDY CAR

 琢磨は昨年の第3戦ロングビーチで初優勝を飾るも、シーズン後半は低迷。全体的に悔しいシーズンになってしまったが、得意のストリートコースで幸先の良いスタートを切った。

 注目の決勝レースは日本時間の30日深夜。琢磨の2勝目がかかっているだけにファンの皆様にとって今夜は眠れない夜になりそうだ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. [table id=76 /]…
  2. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  3. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  4. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…
  5. 「F1日本グランプリ」開催にあわせて、名古屋~鈴鹿サーキット稲生間に全車指定席の臨時特急「鈴…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る