【SF】2014第1戦鈴鹿:いきなりロッテラーが36秒台に突入!コースレコードを更新!

©KANSENZYUKU

 全日本選手権スーパーフォーミュラの2014年シーズンが開幕。早速、鈴鹿サーキットで第1戦のフリー走行が行われた。春の陽気に包まれ、今年初の鈴鹿でのビッグレース開催ということもあり、グランドスタンドをはじめ各コーナーには熱心なレースファンが集まり“F1より速い”と噂の新車SF14の走りに注目した。

 午前9時05分にコースオープンすると各車一斉にコースイン。第1回目の公式合同テストが悪天候で中止になったこともあり、昨日の専有走行を含めると今週末2回目の走行となるが、まだまだテストを重ねていきたいというのが欠くチームの本音。1時間という短い時間を精一杯使ってマシンの確認やタイヤの確認を行っていた。

 開始から20分が過ぎたところで嵯峨宏紀(TOCHIGI Le Beauset Motorsports)がデグナー2つ目出口で体制を乱しクラッシュ。これにより赤旗中断となるが、その他は特に大きなコースオフやクラッシュなどなくセッションが進行。シーズン前のテスト走行から絶好調のPETRONAS TEAM TOM’Sの2台が頭ひとつ抜け出るような速さを見せた。

 最後に予選を想定した新品タイヤでのタイムアタックを行うと、中嶋一貴が1分37秒014までタイムを上げると、その後ろを走っていたアンドレ・ロッテラーも1分36秒994を記録。昨年最終戦で記録されたコースレコードを0.8秒上回った。2位には一貴、3位にロイック・デュバル(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)が続いた。結局テスト時同様にトヨタエンジン勢がトップ10を独占。ホンダ勢最速は塚越広大(HP REAL RACING)の1分38秒538だった。

 注目の公式予選は13時50分からスタート。関係者の間では1分35秒台も出るのではないかと期待されているだけに、どんな結果が待っているのか非常に楽しみだ。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る