【鈴鹿2&4】三浦愛が全日本F3(Nクラス)で、デビュー2戦目にしてクラス初優勝!!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 鈴鹿サーキットで開催中の2014鈴鹿2&4レース決勝日。午前中に行われた全日本F3選手権で嬉しいニュースが飛び込んできた。これまでスーパーFJやフォーミュラ・チャレンジ・ジャパンで活躍した三浦愛がF3デビュー2戦目にしてNクラス初優勝を飾った。

 前日に行われた第1戦で3位表彰台を経験した三浦。第2戦はNクラス3番手(総合11番手)からスタート。好ダッシュを決めてクラス首位に立ち、レースを引っ張っていく。ここまでは前日と同じ展開だったが、第1戦では後方からのプレッシャーに負け順位を守ることができなかった。そこでの反省点を生かし、冷静にペースをコントロールし、一時は後続に1秒以上のリードを築いていく。しかし、5周多い17周レース。体力的にも終盤はきつくなることが予想された。特に終盤は後続から猛攻が続き、何度も横に並び書けられるシーンがあったが、三浦は要所要所できっちり抑えこみ順位をキープ。悲願のトップチェッカーを飾った。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 パルクフェルメに戻ってマシンを降りた時はいつもどおり冷静だった三浦。しかし、チームスタッフが駆け寄ると思わず涙ぐんでいた。「第1戦では初めてのF3のレースでいきなりトップに立つという展開で、変に緊張したというか肩に力が入ってしまいました。今日は昨日より5周多い17周でしたが、少しずつクルマにも慣れていましたし、昨日の反省点を踏まえて走ることが出来ました。マシンのセッティングも完璧で、ここまで努力してくださったチームの皆様に感謝したいです。最後まで安定して走ることが出来たので、勝つことが出来ました」とコメント。本人もデビュー2戦目で優勝できるとは思ってもいなかったようで、自らが手にした大きなものに動揺と興奮を隠し切れない表情だった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 普段はEXEDYの社員として働きながら、レースに挑戦する三浦愛。以前から鈴鹿ではカートやソーラーカーレース、スーパーFJなどで果敢に挑戦。常に笑顔が絶えない女の子として陰ながら彼女のことを応援するファンも少なくなかった。そんな中で今年から国内最高峰のスーパーフォーミュラへの登竜門と言われている全日本F3にステップアップ。女性ドライバーが同カテゴリーに参戦するのは18年ぶりとのこと。トップ集団とは異なり数年前の型式の車両で争うNクラスではあるが、その中でデビューレースから素晴らしい走りを披露してくれた。

 次回は5月10・11日にツインリンクもてぎ(栃木県)で第3・4・5戦が行われる予定。今後の彼女の活躍から目が離せない。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る