【2014F1日本GP】可夢偉、木曜プレスカンファレンスに登場「ここに戻って来られたことに感謝」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 F1日本グランプリが開幕した2日(木)、ドライバー6人が集められてのプレスカンファレンスが行なわれ、小林可夢偉(ケータハム)が登場。週末に向けての豊富を語った。

 チーム体制が大幅に変わった夏以降、可夢偉のシートが危ぶまれていた。そして夏休み明けの第12戦ベルギーGPでは可夢偉に代わってアンドレ・ロッテラーをチームが起用。その後は可夢偉にシートが戻ってきたが、母国となる鈴鹿でも直前まで発表されない状態だった。

 「2012年は初めて表彰台に上がった場所。今でも良い思い出になっています。昨年は1年休んで今年また戻ってきましたが、凄く難しい状況にあるのは確かです。少なくとも、僕たちはここに来ることが出来たし、まずは今週末レースが出来るということを嬉しく感じています。」

 「改めて皆からのサポート(可夢偉サポート)にすごく感謝しています。僕がここへ戻ってこられたのは募金してくれたおかげです。色々な噂がありましたが僕はここへ来ることが出来ました。すごくワクワクしています。まだ木曜なのに、こんなに多くのファンが来てくれて本当に嬉しいです。」

 「今週末は具体的に順位の目標を言いづらい状況にありますが、とにかくファンの皆さんに楽しんで守られる事(レース)をしたいです。先のことは、レースの後に考えます。」

 いよいよ明日から始まるフリー走行。残念ながら1回目はテストドライバーのロベルト・メルヒが担当予定で、可夢偉が午後から登場。1周目からアグレッシブに鈴鹿を攻める可夢偉に、是非ご注目いただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 東京・お台場で開催される恒例のモータースポーツイベント「モータースポーツジャパン2018 フ…
  2. 今年も東京・お台場で4月14・15日に開催される「モータースポーツジャパン2018 フェステ…
  3. [table id=81 /]…
  4. 2018年のピレリ スーパー耐久第1戦「SUZUKA“S耐”春の陣」の決勝が4月1日に行われ…
  5. 2018年のモータースポーツシーズンがいよいよスタート。国内4輪のビックレースの一つであるピ…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る