【2014F1日本GP】今年も長いレースウィークが閉幕。決勝動員は72,000人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2日(木)のピットウォーク&サイン会から開幕した2014年のF1日本グランプリは、5日(日)に閉幕した。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 鈴鹿サーキットの発表によると、決勝日の動員数は72,000人と過去最低。やはり台風18号接近が大きく響いたようだ。また走行セッションがあった3日間の総来場者は15万人と、こちらも全盛期の約半分。それでも、晴天に恵まれた金・土曜日を始めピットウォーク&サイン会が行われた木曜日は大盛況だった。

©K.Oda/KANSENZYUKU ©K.Oda/KANSENZYUKU

 天気予報通り悪天候に見舞われた決勝レース。スタート直後に赤旗が出されるなど、大荒れのレースとなったが、中盤はコース各所で白熱したバトルが繰り広げられ、特に上位陣では追い抜きが難しいと言われる鈴鹿で何度もオーバーテイクシーンがみられ、スタンドのファンを沸かせた。

 しかし、終盤にジュール・ビアンキ(マルシャ)がエイドリアン・スーティル(ザウバー)のマシンを回収していた作業車に激突。これにより赤旗終了と、後味悪い決勝となってしまった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 レース後は、いつも日本グランプリの余韻に浸るファンでGPスクエアは埋め尽くされるが、台風が接近していたこともあり、家路を急ぐファンが多く、イベント関係も18時00分に全て終了。またショップなども早めに閉店準備に入るなど、台風対策が急がれる日曜日夜に。

 それでも、最後の記念撮影スポットであるメインゲート前には、最後の思い出にと写真を撮るファンの姿が見られた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 例年、ここには「また来年、お会いしましょう!」と書かれているが、2015年からのホンダF1復活に期待を込めて「See you again 2015!! with JAPAN POWER」というメッセージになっていた。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る