【F1】2015年の復活に向けマクラーレン・ホンダがアブダビ合同テストに参加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Honda
©Honda

 2014年のF1シーズン終了後、そのままアブダビのヤス・マリーナ・サーキットで25・26日に開催されたF1公式合同テストに来季から参戦予定のホンダが登場。マクラーレンの今季マシンMP4/29に新開発のパワーユニットを搭載して初の公式合同テストに臨んだ。

 シーズン終了直後にも関わらずパドック内のチーム機材は全て「マクラーレン・ホンダ」仕様に変えられ、マシンには懐かしい「HONDA」のロゴが戻り、チームスタッフのウェアにも「H」マークが入れられていた。

 今回ステアリングを握ったのはテストドライバーのストフェル・バンドーン。初のテストでどれくらいのタイムが出るのかと期待が集まったが、できたてのホンダV6パワーユニットをマクラーレンMP4/29に搭載して本格的に走る初の機会だったため、初期トラブルが多発。初日は3周のみに終わりタイム計測を行うことが出来なかった。

©Honda
©Honda

 続く26日もセッション前に電気系トラブルが発見され対応に時間を要してしまう。なんとかマシンを修復してコースインするも、2周目にトラブルでマシンを止めてしまい、この日の走行は早々と終了。結局2日間でトータル5周。タイム計測はなしという厳しい結果に終わってしまった。

 一見、ライバルか大きな遅れをとっているように見えがちなリザルトだが、2014年のプレシーズンテスト初日も各メーカーが新開発のパワーユニットに苦戦。トラブルで止まってしまうシーンがよく見られた。

 マクラーレン側は「今回はトラブルの洗い出しを行うことが目的」としており、今回のわずか5周という結果に不安や焦りを感じていない様子。来年2月から始まるプレシーズンテストでは、さらに熟成されたマシンが登場することだろう。

 そして気になるのは2015年のドライバーズラインナップ。現時点ではフェラーリ離脱が決まったフェルナンド・アロンソが加入するのではないかと言われているが、チーム側は12月になるまでドライバーに関する発表はないと名言。こちらも引き続き目が離せないところだ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る