【SF】2014岡山合同テスト:チームルマンから参加の小林可夢偉がトップタイムを記録!

©TOYOTA
©TOYOTA

 岡山県の岡山国際サーキットで10日、全日本選手権スーパーフォーミュラに参戦するメーカー・チームによる合同テストが開幕した。

 今回はF1に参戦していた小林可夢偉が参加することもあり、平日ながら会場には多くのファンが集まり賑わいをみせた。晴天に恵まれた初日は午前と午後で計4時間のセッションが設けられた。

 可夢偉は今回、ロイック・デュバルが駆っていた8号車KYGNUS SUNOCO TeamLeMansのマシンに乗り込みコースイン。いきなり走りだしから好タイムを連発し、午前中のセッションでは1分13秒241でトップ。2位にトヨタ・テストカーに乗る今季王者の中嶋一貴(1分13秒308)、3位にはホンダ・テストカーを駆る佐藤琢磨(1分13秒749)が続き、F1で活躍したことのある3人がスーパーフォーミュラのタイムシート上位に名前を連ねた。

 午後のセッションでは一貴のマシンにトラブルが発生。わずか6周でマシンを降りてしまったが、可夢偉の乗る8号車は絶好調。最後の予選シミュレーションを兼ねたアタックで1分11秒769まで伸ばし、この日の総合トップとなった。

【岡山メーカー・ルーキーテスト1日目総合結果】
1位:小林可夢偉(KYGNUS SUNOCO TeamLeMans)1分11秒769
2位:ヤン・マーデンボロ(Lenovo TEAM IMPUL)1分12秒401
3位:佐藤琢磨(Honda TEST CAR)1分12秒551
4位:ファビオ・ライマー(TEAM無限)1分12秒892
5位:中嶋一貴(TOYOTA TEST CAR)1分13秒160
6位:松田次生(KCMG)1分13秒228
7位:佐々木大樹(KONDO RACING)1分13秒417
8位:金石年弘(HP REAL RACING)1分13秒658
9位:ベルトラン・バケット(NAKAJIMA RACING)1分14秒167
10位:桜井孝太郎(HP REAL RACING)1分14秒513

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る