【TAS2015】ドリフト界にもプリウスが登場!D1キックオフデモランで走行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 9〜11日に開催され総来場者30万人を超えた「東京オートサロン2015 with NAPAC」。今年も屋外エリアにデモランエリアが設けられ、連日多くの観客で賑わった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 東京オートサロンといえば、D1グランプリの1年の最初となるイベント「D1キックオフドリフト」が行われることで有名。今回も2014シーズンのランキング上位者が登場し、公式戦同様に単走・追走と迫力あるドリフトを披露した。

 その中で今回注目を集めたのが、プリウスをベースにしたEVドリフトマシン。大迫力のエンジン音でドリフトを決めていくのがこれまでのD1だったが、このマシンはモーターで駆動力を与えているため、フォーミュラEのように静かなサウンド。もちろん排気ガス等は一切発生しない。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 長年D1に参戦している上野高広の手によりデモランが行われたが、オートサロン直前になってマシンが組み上がったこともあり、まだ完璧なドリフトを決めることは出来なかった。それでも白煙をまき散らしながらドーナツターンは成功。今後熟成を重ねていき2015シーズンに投入される予定だ。

 この他にもレクサスLFAなど今年も新しいモンスターマシンの登場が期待されるD1。開幕戦は4月18・19日のお台場特設コースの予定だ。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る