【WTCC】2015日本ラウンド開催地はツインリンクもてぎで合意、9月12・13日に開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 株式会社モビリティランドは23日、2015年のFIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)の日本ラウンドを栃木県のツインリンクもてぎで行うことを発表した。

 これまで日本ラウンドは同社が運営する鈴鹿サーキット(三重県)で開催されてきたが、今年は初のもてぎ開催となる。鈴鹿とは異なり長い直線からフルブレーキングで進入していくコーナーが多く、WTCCならではのサイド・バイ・サイドのバトルが楽しめせそう。なお日程は9月12・13日だ。

 今回の発表についてモビリティランドの曽田裕社長はリリースで「この度、2015 年の WTCC のツインリンクもてぎ開催について合意し、開催を決定いたしました。ツインリンクもてぎのロードコースは、EEL から WTCC の魅力をより引き出すコースとして評価を 受けており、我々はこの世界最高峰のツーリングカーレース開催によって、ツインリンクもてぎの 魅力をさらに多くのモータースポーツファンにお届けできると確信しています。ツインリンクもてぎ開催にあたり、ご理解ご協力をいただいた EEL を始めとする関係各位に、 心から感謝いたします」とコメント。

 EELの運営担当役員であるフランソワ・リベイロ氏「WTCC にとって日本の新たなホームグラウンドともいえる場所を、もてぎに見いだしました。MotoGP でも使用されるロードコースは、ツーリングカーにとっても高いレベルのレースができます。 このもてぎのコースレイアウトであれば、オーバーテイクなどの接近戦が確実に期待できるでしょう。 9月半ばという気候のよい開催時期でもあり、私たち WTCC は多くの人たちに足を運んでいただくため、日本のスポンサーと共に、東京近郊でのプロモーション活動に力を入れてまいります」と述べた。

 首都圏からも近いツインリンクもてぎ。F1やWECなどでは見られない超接近戦バトルが繰り広げられることで有名なWTCC。チケット概要等の発表はまだないが、是非足を運んで現地観戦していただきたいイベントの一つだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る