【F1】ホンダ本社ビル前に8台のF1マシンが出現!サラリーマン、OLなどが足を止め写真撮影するシーンも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 東京・青山のホンダ本社ビルでマクラーレン・ホンダのF1参戦発表会見が行われた10日、本社ビル前には歴代のホンダエンジン搭載F1マシンがズラリと展示。1980年代に輝かしい成績を残したマクラーレン・ホンダMP4/4を中心に懐かしのマールボロカラーのマシン5台が展示された他、第1期で優勝したRA272、また第3期でジェンソン・バトンが優勝に導いたRA106も展示された。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 中でも注目を集めていたのが昨年末アブダビで現行パワーユニットでは初のテストを行なったマクラーレン・ホンダMP4-29H/1×1。日本でもニュースとなって多くのメディアに取り上げられた話題の1台が青山の交差点に登場したと会って通行人などの注目を集めた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 また、記者会見の会場内にはショーカーではあるがMP4-30が展示。夕方からのファンミーティングでも当選して会場に入れたファンに公開された。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 また夜には、特別にライトアップされ、仕事帰りで目の前を通りかかったサラリーマンやOLがマシンを囲みスマートフォンなどで写真撮影する姿が良く見られた。特に40代、50代の方々は第2期の赤白のマシンの思い出が多いようで、予想外の懐かしいマシンとの再会に笑みを浮かべている人も少なくなかった。

 なお、これらの特別展示は10日のみ限定で行われたものだが、3月7・8日に鈴鹿サーキットで行われるモータースポーツファン感謝デー「HondaF1復活祭」でも一部の車両が展示、デモランを行う予定。こちらも見逃せないイベントだ。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 これでも数々の成績を残してきた伝統あるホンダが、今年はパワーユニットサプライヤーとしていよいよF1に参戦。再び「H」のマークが来月、F1世界選手権の舞台に帰ってくる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る