【F1】2015バルセロナテスト(前半)2日目:レッドブルのリカルドがトップ、アロンソが1.5秒差まで迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Pirelli
©Pirelli

 F1のバルセロナテストは20日、2日目を迎え全9チームが参加。開幕に向けて勢力的にテストが行われた。

 この日は特に大きな混乱もなくセッションが進行。トップタイムはダニエル・リカルド(レッドブル・レーシング)が1分24秒574をマークした。ヘレステストではスペアパーツ不足で十分に走り込めなかったが、ここバルセロナに来てから周回を重ねており、2日目だけでも2.5レース分に相当する143周を走破。ヘレスで出遅れた分を取り戻しつつある。2番手にはキミ・ライコネン(フェラーリ)、3番手にはフェリペ・マッサ(ウイリアムズ)が続いている。

 前日はパワーユニットのトラブルに見舞われたマクラーレン・ホンダ。対策パーツが届くのが3日目以降ということで再発の懸念がある中でフェルナンド・アロンソがドライブ。しかし、前日を大きく上回る59周を走り1分25秒961までタイムを伸ばした。全体順位では7番手だったが、トップとは1.5秒差。ニコ・ロズベルグ(メルセデス)とは0.4秒差と、着実にライバルに追いつき始めている。

 翌3日目には、パワーユニットのトラブルを解決するパーツが届く予定で、より一層のペースアップが期待されている。

【2015バルセロナテスト(前半)2日目(2月20日)結果】
1:ダニエル・リカルド(レッドブル・レーシング1分24秒574/143周
2:キミ・ライコネン(フェラーリ)1分24秒584/90周
3:フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)1分24秒672/88周
4:セルジオ・ペレス(フォース・インディア)1分24秒702/121周
5:ルイス・ハミルトン(メルセデス)1分24秒923/89周
6:ニコ・ロズベルグ(メルセデス)1分25秒556/66周
7:フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)1分25秒961/59周
8:ジュリオン・パーマー(ロータス)1分26秒280/77周
9:マーカス・エリクソン(ザウバー)1分27秒334/113周
10:カルロス・サインツJr(トロ・ロッソ)1分28秒945/100周

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る