【SGT】NDDP RACINGは星野一樹と高星明誠のコンビに…進化したGT-R NIMSO GT3でGT300王座獲得狙う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 日産は28日、横浜の日産グローバル本社ギャラリーで2015年のモータースポーツ活動計画発表会を行い、今年もニスモ直系チームとしてNDDP RACINGがGT300クラスにエントリー。ドライバーは星野一樹と高星明誠が務めることを発表した。

 昨年同様にゼッケン3番「B-MAX NDDP GT-R」として長谷見昌弘監督が指揮をとるチーム。主にNDDP(日産ドライバーディベロップメントプログラム)出身の若手ドライバーを起用する機会が多く、一昨年は佐々木大樹、昨年はGTアカデミー出身のルーカス・オルドネスが参戦。後にGT500ステップアップのチャンスを掴んだ。今年は2014年の全日本F3選手権ランキング3位だった高星明誠がSGT初参戦を果たす。

 トップカテゴリーへの参戦が今年からということで、大勢のファンがいる前でのトークショーもほぼ初めて。緊張した表情をみせていた高星だったが「すごく光栄に思いつつプレッシャーも感じています。その中で少しずつ結果を残せていければいいなと思っています」と意気込みを語った。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 そして、今年ニスモはGT3仕様のGT-Rを大幅に改良。戦闘力をアップさせて両クラスでのチャンピオン獲得を目指している。注目の改良点についてニスモの松村COOは「中速トルクを大幅に向上し燃費効率を約10%弱向上しました。また今年は前輪側の軽量化を図り重量配分を見直しましたし、ブレーキシステムも改善しました。」と説明。すでに昨年のニスモフェスティバルや今年1月の東京オートサロンで実車がお披露目されてるが、かなり戦闘力が上がっていると注目を集めている。

 その新型GT-R NIMSO GT3をテストした星野は「セパンのテストも順調に進みました。今年は速さだけではなく、強さも見せられると思います。ここでは話せないことが多いですが、かなりの手応えを感じています」とコメント。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 そして指揮をとる長谷見監督からは「今年は我々がバージョンアップして、テストでも良い結果が出ているので昨年一歩前にいたBMWやメルセデスに追い付き、3号車がチャンピオンになるんじゃないかと思っています」と自信満々のコメントも飛び出た。

 今年はNDDPを含め4台の参戦が決定しているGT-R NIMSO GT3。GT300でのチャンピオン争いの引っ張っていくマシンになりそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る