【SGT】2015第1戦岡山:大激戦のGT500予選、No.37Keeper RC F平川亮がコースレコードでポール獲得!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2015年のSUPER GT第1戦岡山。GT500クラスの公式予選はNo.37 Keeper TOM’S RC F(アンドレア・カルダレッリ/平川亮)が獲得した。

 今年からGT300のQ1とGT500のQ1との間にインターバルが設けられ、両クラスの車両が混走しないようにルール変更されセッションがスタート。まずは午前中の公式練習でマシンから炎が上がったNo.12 カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)がコースイン。あれから短時間でマシンを修復させ、なんとかQ1出走。チェックを兼ねてゆっくり1周するとスタンドのファンから拍手が沸き起こり、彼らの復活を讃えた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 12号車がピットインすると、いよいよ本格的なQ1の開始。今回も一発アタックを狙い残り7分から各車がコースインしタイムアタックを行なった。その中でも速さをみせたのがレクサスRC F勢。No.38ZENT CERUMOの石浦宏明が1分19秒103でトップに浮上すると、2位にはNo.6 ENEOS SUSTINA RC F(国本雄資)、3位もNo.39 DENSO KOBELCO SARD RC F(平手晃平)。さらに4位にはNo.37 Keeper TOM’S RC F(アンドレア・カルダレッリ)とRC Fがトップ4を独占。5位以下は0.001秒を争う激戦となり、今年マシンを進化させてきたホンダ勢が振い落される結果に。中でもNo.100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT (山本尚貴/伊沢拓也)は、たった0.021秒差で脱落。新チームとして船出を果たしたNo.15ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT(小暮卓史/オリバー・ターベイ)のみがQ2進出を果たした

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 続くQ2。まずいち早くタイムアタックしたのはF1でも優勝経験のあるヘイキ・コバライネン。平手晃平からバトンを受け取りNo.39 DENSO KOBELCO SARD RC Fをドライブするが1分19秒932で7番手に終わった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 しかしレクサス勢の勢いは留まることはない。昨年のポールシッターである6号車の大嶋和也が1分19秒106をマーク。コースレコードも更新しトップに浮上。ライバルを圧倒した。ところが直後でアタックしていた37号車の平川亮が0.098秒上回りトップ。それを通算最多ポール記録更新を狙う38号車の立川祐路がアタックをするが、わずかに及ばず3番手。ここでチェッカーとなり、今年フル参戦のチャンスを手に入れた平川が、その期待に見事応えてポールポジションを獲得。Q2もレクサス勢がトップ3を独占した。

 日産勢では午前中のトラブルから復活した12号車のジョアオ・パオロ・デ・オリベイラが4番手タイムを記録するが、最終コーナーで4輪全てがコース外に出ていたという裁定でタイムが抹消。繰り上がる形でNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が4位に入った。15号車ドラゴ モデューロNSX CONCEPT-GTはオリバー・ターベイがアタック。1分19秒841で6番手となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る