【SGT】2015第1戦岡山:GT500は逆手に次ぐ逆手の展開!No.37カルダレッリ/平川組がポール・トゥ・ウィン!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

2015年のSUPER GT第1戦岡山。注目の決勝レースが行われた。

朝から雨に見舞われた岡山国際サーキット。グリッドウォーク時は止んでいたものの路面はウエット。しかし天気予報ではしばらく雨は降らないという情報があったため、スリックにするか、別のウエットコンパウンドにするか時間ギリギリまで各チームが悩んでいた。

ほとんどのチームがウエットタイヤを履いた中でスタート。ポールポジションのNo.37 Keeper TOM’S RC F(アンドレア・カルダレッリ)を先頭に各車が1コーナーへ飛び込むが、No.36 PETRONAS TOM’S RC F(ジェームス・ロシター)がスピン。混乱の中で順位をあげていたNo.15ドラゴ モデューロNSX CONCEPT-GT(小暮卓史)もダブルヘアピン2つ目でスピンと大混乱。その後も、2位以下は毎周に渡って順位が入れ替わる激しいレースとなった。

そんな中、37号車カルダレッリは順調に周回。そこに追いついたのがNo.1 MOTUL AUTECH GT-R(ロニー・クインタレッリ)。17周目にカルダレッリを捉えてトップに浮上。ところが左リアのタイヤハウスから白煙が出るトラブルが発生。無念のガレージインとなってしまった。

©KANSENZYUKU

これで再びカルダレッリがトップに立つが、続いてペースを上げてきたのがホンダNSX CONCEPT-GT勢。スピンから挽回した小暮に続いてNo.100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT(山本尚貴)が背後に迫る。実はホンダの2台は乾き始めのタイミングでペースが上がるウエットタイヤを選択。逆に乾くと辛くなる種類のタイヤを履いていた37号車はなすすべがなく、2台の先行を許す。

昨年前半は苦戦が強いられたホンダ勢だったが、思いもよらぬワン・ツー体制にスタンドのHondaファンシートも大盛り上がりとなった。このまま小暮が先行かと思われたが、山本が徐々に近づき34周目1コーナーでパス。トップに浮上した。

©KANSENZYUKU

中盤に差し掛かるとピットインのタイミングに。まず動いたのはホンダ勢。36周終わりで15号車、翌周に100号車がピットイン。それぞれオリバー・ターベイと伊沢拓也が乗り込んだ。しかし給油に思った以上に時間がかかり、42周目に入った37号車の先行を再び許してしまう。

©KANSENZYUKU

ただ、GT300との混走経験が少ない平川は、すぐに伊沢に追いつかれ49周目のマイクナイトコーナーでついにトップ浮上。再逆転を果たす。その後は、チョイスしたタイヤが強さを発揮するちょい濡れのコンディションにも助けられ一時は10秒のリードを築く。注目のホンダエースコンビの今季初優勝かと思われたが、レースの神様は最後にまたしてもドラマを用意していた。

残り15周というところで再び強い雨が降りだし、路面の水の量も増加。これでチャンスを掴んだのが37号車の平川。一気にペースを上げて伊沢に追い付き、71周目のダブルヘアピン出口で再々逆転。そこからは、あっという間に後続を引き離しチェッカーフラッグ。昨年に続き37号車が優勝。平川にとってはレギュラー参戦1戦目での勝利となった。

©KANSENZYUKU

2位には終盤のペースダウンを何とかこらえた100号車の山本/伊沢組、3位には後半の雨で著しく順位を上げたNo.38 ZENT CERUMO RC F(立川祐路/石浦宏明)が入った。

注目の2015シーズン開幕戦。いきなり一瞬も目が離すことが出来ない白熱したバトルで岡山国際サーキットは盛り上がった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る