【WEC】2015第2戦スパ6時間:中嶋一貴がフリー走行でクラッシュを喫し病院へ搬送、脊椎の一部を損傷と診断

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©TOYOTA
©TOYOTA

 2015年の世界耐久選手権(WEC)第2戦がベルギーのスパ・フランコルシャンで開幕。初日のフリー走行に臨んだNo.1 TOYOTA TS040HYBRIDがクラッシュ。乗り込んでいた中嶋一貴が病院へ搬送され治療を受けている。

 現地時間の30日に行なわれたフリー走行。現地は雨により視界が悪い状況。名物のオー・ルージュを抜けた先のケメルストレートで減速していたアウディのマシンに接触。フロントを大きく壊した1号車はモノコックにも損傷が及んで降り、一貴はメディカルセンターで診断を受けた後に詳しい検査のためヴェルヴィエの病院へ緊急搬送された。

 幸い意識はあるとのことだが背中の痛みを訴えているとのこと。現時点で分かっているのは脊椎の一部を損傷したことがトヨタのリリースで伝えられている。なお今週末のレースは欠場。その後も日本国内でスーパーフォーミュラ第2戦岡山に加え6月にはル・マン24時間耐久レースが控えている。両レースとも開幕まで時間がないだけに出場が危ぶまれている。

©TOYOTA ©TOYOTA
©TOYOTA

中嶋一貴コメント(トヨタリリースより)
「最初に、レースディレクターのエデュアルド・フリータス氏と彼のサーキット・セーフティクルー、そして素晴らしい処置をしてくれたこの病院のドクターに感謝します。彼ら全員が本当のプロフェッショナルであったお蔭で、大事に至らなかったことに感謝しています。残念ながら、レントゲン写真を見る限り、私の脊椎の一部に損傷が見られました。信じられないほどショックですが、今私に出来る事は限られています。出来る限り早く復帰出来るように集中するだけです。アクシデントについてはあまり語れることはありません。私はストレートを走行していたのですが、突然車両の右前から水煙を浴びました。反応する時間はありませんでした」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る