【F1】2015モナコGP:レースレポート

©Pirelli
©Pirelli

 2015年のF1第6戦モナコGP。注目の決勝レースが24日モンテカルロ市街地コースで行われた。

 ポールポジションは先日メルセデスとの契約更新を発表したルイス・ハミルトン。2番手にはモナコ2連勝中のニコ・ロズベルグがつけた。

 狭いモナコのコースでイン側の主導権を握っていたハミルトン、2番手にロズベルグが続いていく。昨年はシルバーアロー2台が先行し、終始1秒前後の接近戦を演じていたが、序盤からハミルトンの方が好調で、少しずつ差を広げていく。一方、ロズベルグは3番手のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)以下に追われる展開。特にピットストップを終えた中盤以降はハミルトンの独壇場となった。

 一方、マクラーレン・ホンダ勢はバトンが10番手、アロンソは13番手からスタート。直後のミラボーでニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)と接触したアロンソが5秒間のペナルティを受けてしまうが、2台とも順調なペースで周回。少しずつ順位を上げ、気づけばポイント圏内を走行。2台揃ってのポイント獲得かと思われたが、41周を過ぎたところでアロンソのマシンにトラブルが発生。サンテボーテ横にマシンを止め、2戦連続でリタイアとなってしまった。

 例年通りオーバーテイクが少ないモンテカルロ。しかし、今年最大のドラマは終盤に待っていた。10番手争いをしていたロマン・グロージャン(ロータス)とマックス・フェルスタッペン(トロ・ロッソ)が接触。そのままコントロールを失ったフェルスタッペンはサンテボーテのバリアに激突。幸い本人は無事だったが、マシン回収のためバーチャル・セーフティカーが決勝では初の導入。その後、通常のセーフティカーへと移行された。

©Pirelli
©Pirelli

 これを利用してトップのハミルトンは2回目のピットイン。スーパーソフトタイヤへ交換するが、2位以下はほとんどがステイアウト。また後続のマシンとのピットインが重なったため、作業時間も若干かかりコースに復帰すると3番手に転落していた。

 ロズベルグ、ベッテル、ハミルトンのトップ3で残り8周というところでレース再開。ハミルトンは新品タイヤの利点を最大限に生かし、ベッテルの攻略にかかるが、なかなかチャンスは生まれずそのままチェッカー。最後は予想外の形でトップを手に入れたロズベルグが、モナコGP3連覇を飾った。

©Pirelli
©Pirelli

 今季2勝目で、ランキング首位との差が縮まったこともあり、喜ぶロズベルグに対し、戦略ミスで勝てるはずだったレースを落としてしまったハミルトン。パルクフェルメと表彰台での両者の表情は明暗の分かれる結果となってしまった。

 また終盤以降も粘り強い走りをみせていたバトンは8位。新生マクラーレン・ホンダに待望の初ポイントをもたらした。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る