【SGT】2015第3戦タイ:フリー走行は日産勢が上位独占!両クラスともGT-Rが首位

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2015年のSUPER GT第3戦タイがいよいよ開幕。ブリーラムのチャン・インターナショナル・サーキットでは1時間45分に渡ってフリー走行が行われた。

 当初は雨という予報もあったが、いざ朝を迎えれば晴天。日本の真夏日など比べ物にならないほどの日差しと暑さ。今回で2回目となるタイラウンドということもあってか、サーキットにはレース関係者だけでなく毎戦SGTを熱心に応援してる日本のファンも何人か見かけられた。いずれにしても年に一度しか走行チャンスがないブリーラムのサーキット。セッション序盤から特にGT300クラスを中心に何周も走りこむチームが多数。平均して40周前後走りこむチームが圧倒的に多かった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 この中で速さをみせたのが日産GT-R勢。特にGT500はトップ4全てを日産勢が独占。No.46 S Road MOLA GT-R(本山哲/柳田真孝)が1分25秒802でトップタイムだった。2番手にはNo.12 カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)、3番手にはNo.24 D’Station ADVAN GT-R(佐々木大樹/ルーカス・オルドネス)が続いた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 GT300クラスはNo.3 B-MAX NDDP GT-R(星野一樹/高星明誠)が1分33秒934でトップタイム。2番手には現地チームの28号車ランボルギーニが続いている。

 注目の公式予選は日本時間の17時00分から行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーション株式会社は18日、2018…
  2. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  3. [table id=80 /]…
  4. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  5. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る