【SGT】前夜祭にティレル019とレクサスSC430が登場!来月のF1日本GPを盛り上げる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

2015年のSUPER GT第5戦鈴鹿1000kmが行われている鈴鹿サーキットで、恒例の前夜祭が開催され熱心なレースファンが多数参加した。

今回は1ヶ月後に迫ったF1日本グランプリをテーマにSGTファンにもF1の魅力を披露。そのメインイベントとして1990年に中嶋悟氏がドライブしたティレル019とレクサスの先代GT500マシンであるSC430が登場。史上初のランデブーでのデモ走行を行う予定だった。

しかし、雨脚が強まりレインタイヤがないティレルは走行を断念。ドライブを担当する予定だった次男の大祐は「小雨だったら走れるかと思いましたが、ここまで雨脚が強まると厳しいですね。残念です」と語ったが、集まってくれたファンの前でエンジン始動デモンストレーションを行い、迫力あるF1のエンジンサウンドをスタンドに響かせた。

©KANSENZYUKU

ランデブーで一緒に走る予定だったSC430はもちろんレインタイヤがあり、伊藤大輔がドライブ。ちょうど日が暮れ、昔の1000kmを彷彿とさせるようなナイトランを披露した。

迫力ある走行が終了すると、次は現在SGTでチーム監督を務める元F1ドライバーたちが登場。今年は鈴鹿でのF1日本GP史上初めて9月の開催。「もう1ヶ月なんですね。自分たちの頃は11月開催だったので、早いなぁという気がする」と中嶋悟監督が語り、いよいよ今年もF1がやってくるという雰囲気を感じていた。

最後には小林可夢偉と浜島裕英さんもスペシャルゲストで登場。それぞれ「タイヤ」「ドライバー」の目線から明日の1000kmレースを占ってくれた。©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

注目の第44回インターナショナル鈴鹿1000kmの決勝は30日11時30分にスタート。今年は残念ながら雨絡みのレースになりそうだが、その分ドラマ満載の展開が待ち受けていそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る