【SGT】2015第5戦鈴鹿:雨の1000km決勝…ウエットスタートからドライコンディションへ、波乱続きの展開

©KANSENZYUKU

2015年のSUPER GT第5戦鈴鹿1000km、いよいよ決勝のスタートが切られた。雨という難しいコンディションで始まった第44回の鈴鹿1000km。直後から白熱したバトルあり、まさかのアクシデントありと、波乱の展開となっている。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

ちょい濡れののコンディションを味方につけたNo.64 EPSON NSX CONCEPT-GT(中嶋大祐/ベルトラン・バゲット)が先行、トップを独走しかけるが徐々に雨量が強くなっていくとNo.15 ドラゴ モデューロNSX CONCEPT-GT(小暮卓史)が猛追、8周目に64号車を抜いてトップに立つ。これと同時に14番手スタートだったNo.100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT(山本尚貴)も追い上げ、2位へ浮上。しかし小暮がその間にアドバンテージを築いており、トップのまま30周を終えたところでオリバー・ターベイにバトンタッチ。翌周には100号車もピットインし伊沢拓也が乗り込む。迅速な作業と直前の山本の頑張りもあり第2スティントに入って逆転を果たす。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

さらに後方からNo.36 PETRONAS TOM’S RC F(伊藤大輔)、No.1 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生)も追いつき3メーカーの激戦になるかと思われたが、1号車が35周目にスピン。現チャンピオンの松田が痛恨のミスを犯してしまった。また雨量が強まったタイミングで後方を走っていたNo.17 KEIHIN NSX CONCEPT-GT(武藤英紀)がGT300車両のスピンに巻き込まれクラッシュを喫しリタイアとなった。

40周を過ぎると、西コース側から明るくなり、路面が徐々に乾いていきピットイン。トップを争っていた100号車と36号車が61周終わりで同時ピットイン。その際に100号車の隣のピットにGT300のマシンが作業を始めてしまい、再スタートに時間がかかってしまう。これでタッチの差で36号車が先行。現在トップを死守している。

その後、200RでNo.50 SKT EXE SLSがクラッシュしセーフティカー。再開後、75周を過ぎたところで1コーナーでオイル漏れがあったようでその処理のため2度目のセーフティカーが入っている。

今年の鈴鹿1000kmは例年にない大波乱の展開となっている。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る