【SF】デュバル、来季は何としてもレギュラー復帰へ「チャンスがあれば、また参戦したい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 25・26日にわたって開催されたスーパーフォーミュラ鈴鹿メーカー・ルーキーテスト。今回1年ぶりに参加となったロイック・デュバルが、来季へのレギュラー復帰に向けて、その思いを語ってくれた。

 こうして公式セッション、もしくは全チームが集まってのテストの場に現れるのは2014年最終戦以来。今回は平川亮とチームルマンの7号車をシェアをし、デュバルは2日目の担当となった。初日は各ピットの様子を見回っていると、1年前はライバルだったドライバーやチーム関係者に笑顔で迎えられ、デュバルも再会を喜んでいたのか笑みがこぼれていた。

 初日のセッション終了後。囲み取材の場に登場したデュバル。以前から慣れ親しんだプレス関係者に「皆さんお久しぶりです!またここに戻ってこられて嬉しいです」と笑顔で挨拶。また今回のテスト参加に関する経緯について語った。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 「非常に難しい決断だったけど、今年はレギュラー参戦を行わないことになった。だけど、こんなに素晴らしいカテゴリーは継続して続けていたし、チームやトヨタとの関係も終わりにしたくはなかった。だから、今年はテストドライバーという形で何度か機会を得ることが出来た。夏にオートポリスでもテストしたし、今回の鈴鹿テストも、そういった約束の中で実現したもの。とにかく、この場所に戻ってこられて嬉しいよ。来年については、WECは継続する予定。加えてスーパーフォーミュラにも興味を持っているし、是非戻りたいと思っている。もしシート獲得の機会があれば、それを全力で掴み取りたいと思っている」

 気になる来年についての選択肢についてはWEC、フォーミュラEなど様々なものがあるようだが、その中でも一番強調していたのは“スーパーフォーミュラ”。WECやル・マン24時間レースを制し、今ではアウディワークスチームでは欠かせない存在の1人となっているデュバル。そこまでしてスーパーフォーミュラ参戦にこだわる理由はどこにあるのか、するとこのような答えが返ってきた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 「理由は2つある。まず僕は日本でレースを学んだし、メンタリティとか文化とか日本がとても大好きです。ル・マンでも優勝しているけど、長年日本で走ってきた経験が生かされたと思う。だから、日本でレースを続けたいという気持ちが強い。もう一つの理由は、世界で最も素晴らしいマシンの一つなのが今のスーパーフォーミュラ。F1の次に速いし、レースのレベルは世界で一番と言って良いくらい高い。コーナリングスピードも高い。素晴らしいマシンだよ。究極に近いマシンで挑戦し続けることで、自分のドライビングを磨き続けクオリティを維持することができる。それを可能にしてくれるのがスーパーフォーミュラなんだ。世界で最も素晴らしいカテゴリーの一つであることは間違いない」

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 ただ来季のSFシートについては確約されている訳ではないとのことで、「とにかく限られた走行時間で自分のベストを尽くす。その結果次第で新たな話し合いの場も待っているだろう」とコメント。とは言っても、鈴鹿を始め国内各サーキットで素晴らしいレースを何度も見せてくれたデュバルが国内で走る姿を待ち望んでいるファンも多いはず。今後の彼の動向から目が離せない。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-5-3

    【SGT】2017第2戦富士:予選日開幕!早くも昨年を大きく上回る賑わいに

    2017年のSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」が3日、富士スピード…
  2. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. 今年で101回目を迎えた伝統のレースイベント「インディ500」で、佐藤琢磨(アンドレッティ・…
  2. 2017年のSUPER GT第2戦「FUJI GT500km RACE」。GT300クラスは…
  3. 2017年のスーパーGTシリーズ第2戦の決勝レースが4日、富士スピードウェイで開催。GT50…
  4. 第40回目の記念大会となる鈴鹿8時間耐久ロードレース。今年は10代から20代に向けた、レース…
  5. ©︎H.Yoshii 2017年のSUPER GT第2戦富士。注目の公式予選が3日、富士ス…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る