【F1】ホンダF1プロジェクトが体制変更、新井康久総責任者が退任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 F1世界選手権にパワーユニットサプライヤーとして参戦するホンダは23日、2013年から発足している第4期F1プロジェクトの体制を変更することを発表。新たにF1担当役員をホンダ本社内に設置するほか、新井康久プロジェクト総責任者の退任も発表された。

 昨年からマクラーレンとタッグを組んで参戦しているホンダだが、1.6Lターボエンジン+エネルギー回生システムという新規定の「パワーユニット」開発に苦戦。昨年は表彰台が一度もないシーズンを名門マクラーレンとともに過ごす結果となった。

 今年はさらに体制を強化するべく、本田技研研究所の松本宜之社長が本田技研工業の取締役 専務執行役員 F1担当も兼務。F1に関わる全般の統括・監督責務を担う。

 またF1プロジェクトの総責任者も交代することが明らかに。新井康久氏が退任し、長谷川祐介氏が新たに就任することとなった。

 新井氏に関してはホンダPUの不振の際も度々話題に上がっており、シーズン終盤には更迭されるのではないかという噂も出ていた。今回は本田技研工業株式会社の役員人事に合わせての発表。シーズンが開幕する3月1日付で総責任者が入れ替わることになっている。

 すでにスペインでは2016年のF1プレーシズンテストが開幕。マクラーレン・ホンダも順調に周回を重ねているが、まだトップを捉えるまでの速さを見せられていない。今回の体制強化により、今年のホンダがどこまで強さを取り戻していくのか、注目だ。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. 2017年のSUPER GT富士合同テスト。2日目のセッションは残念ながら降雪により走行がキ…
  2. 2017年のSUPER GT開幕まで2週間となった25日、富士スピードウェイでスタート。初日…
  3. 今年も東京モーターサイクルショーが行われている東京ビックサイトで、「2017コカ・コーラ鈴鹿…
  4. ©︎Pirelli いよいよ、2017年のF1世界選手権が24日、オーストラリアのメルボル…
  5. 2017年のSUPER GT開幕を2週間後に控えた3月25・26日に今季2回目となる公式合同…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る