【F1】予選フォーマットが一部変更か?1人ずつノックアウトされる方式に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Pirelli
©Pirelli

 2016年の予選フォーマットが一部変更になる可能性がでてきた。F1のストラテジーグループは、予選フォーマット変更に関する決議をとり、全チームが合意。3月初旬に開催される世界モータースポーツ評議会での承認を受けて正式決定となる。

 2006年以降、3ラウンドのノックアウト方式が採用されてきたF1。今年も、大まかなフォーマットは変わらないが、各ラウンドごとで一気に数人を落とすのではなく、ラウンド内に幾つかの制限時間を設け、その時点で最下位だったドライバーが1人ずつ脱落していくのだ。

 まずは全22台が出走する予選Q1。ラウンド全体の時間は16分に短縮される。最初は全車が自由にアタックできるが、7分経過時点でタイムシートの最下位(22位)のドライバーの脱落が決定。Q1内であっても順位が確定し以降の出走ができなくなる。これを皮切りに90秒ごとに最下位のマシンが1台ずつ脱落していき、最終的15台がQ2へ進出となる。

2016F1新予選フォーマット(Q1)

 続くQ2。以前と同様にここで持ちタイムがリセットされて再び1台ずつのノックアウトへ。全体時間は15分で、最下位のマシンが1台ずつふるいにかけられ始めるのは開始6分を過ぎてから。15位のマシンが6分経過時点で落とされたのを皮切りに90秒ごとに1台ずつ脱落。最終的に8台がQ3へ進出となる。

2016F1新予選フォーマット(Q2)

 最終Q3は14分間のセッションに。最初の5分を経過したところから1台ずつノックアウトされていき、最終的には上2台の一騎打ちがラスト90秒で繰り広げられることになるのだ。

2016F1新予選フォーマット(Q3)

 これにより特にQ1でも上位陣はセッション前半にタイムを出しておく必要がある。その分、コースの混雑も予想され、トラフィックでタイムを出せなかったドライバーがノックアウト候補になってしまう可能性も十分にありうるのだ。

 またこれまで同様にノックアウトゾーンにいるドライバーは2回、3回目のアタックを強いられるのだが、そのタイミングが遅いと最下位になってチェッカー前に脱落が決定してしまう可能性がある。そのため連続周回でアタックを続けてタイムアップを試みるか、早めに2回目を行うかなどが、臨機応変な対応が迫られることになる。

 その一方で、90秒の感覚があるにせよ、脱落者が小分けされている状態なので、いったい誰が残っていて誰がノックアウトで、誰が当落線上にいるのかなどが分からないなど、ファンとしては「ややこしいルール」が増えたという印象だろう。

 なお、この新ルールについては3月の世界モータースポーツ評議会での承認をもって正式採用となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 毎年恒例となった、観戦席相関表(所要時間・距離・消費カロリー参考値)の2017年バージョン完成! …
  2. [table id=76 /]…
  3. ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…
  4. [table id=75 /] ※ゲート名をクリックするとGoogle MAPが起動し…
  5. 近鉄では、F1日本グランプリ開催中の10月7日(土)、8日(日)に白子駅に停車する臨時列車を運行する…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る