【F1】2016バルセロナテスト(後半)2日目:ボッタスが最速、ハースはトラブルで走れず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©Pirelli
©Pirelli

 2016年の第2回F1バルセロナ合同テスト2日目。この日も晴天で1日のテストセッションが行われ、バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)が1分23秒261でトップタイムを記録した。

 翌日からフェリペ・マッサにシートを引き継ぐため、開幕前では最後の走り込みとなったボッタス。特に大きなトラブルなく108周を走破。スーパーソフトタイヤも試し、1分23秒261まで更新した。

 2番手にはルイス・ハミルトン(メルセデス)。この日も、午前と午後を僚友のニコ・ロズベルグとシェアする形で参加。午前担当のハミルトンは順調に73周を走破。先週つけなかった大型センサーを装着してのテストも行い、今回もプログラムの消化に努めた。3番手にはケビン・マグヌッセン(ルノー)がトップから0.6秒差につけた。当初はワークス復帰初年度で苦戦もささやかれていたが、マグヌッセンが担当するパートでは常に上位に位置しており、開幕戦では中団グループをかき回す存在になるかもしれない。

 一方、完全新規チームのハースはこの日もトラブルで手を焼くことに。ターボチャージャーのトラブルが発生してしまい、わずか1周のみの記録。タイム計測も行うことができなかった。残り2日間でどこまでリカバリーできるかが開幕に向けて重要な要素となってくるだろう。

©Pirelli ©Pirelli
©Pirelli

 そして、気になるマクラーレン・ホンダ。2日目はジェンソン・バトンが担当し121周を走破。ベストタイムは1分25秒183で全体5番手とまずまず。今週のテストからパワーユニットを新しくしたほか、新パーツも幾つか導入し「かなり進歩した」と本人も手応えを感じている様子だった。

Pos.DriverTeamTimeGapLaps
1バルテリ・ボッタスウイリアムズ1分23秒261108Laps
2ルイス・ハミルトンメルセデス1分23秒622+0.36173Laps
3ケビン・マグヌッセンルノー1分23秒933+0.672126Laps
4セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分24秒611+1.350151Laps
5ジェンソン・バトンマクラーレン1分25秒183+1.922121Laps
6ダニエル・リカルドレッドブル・レーシング1分25秒235+1.974135Laps
7カルロス・サインツJrトロ・ロッソ1分25秒300+2.039166Laps
8セルジオ・ペレスフォース・インディア1分26秒036+2.775128Laps
9ニコ・ロズベルグメルセデス1分26秒298+3.03791Laps
10パスカル・ウェーレインマノー1分27秒064+3.80379Laps
11マーカス・エリクソンザウバー1分27秒862+3.80355Laps
12エステバン・グティエレスハースNoTime1Lap
image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. 2017年のSUPER GT富士合同テスト。2日目のセッションは残念ながら降雪により走行がキ…
  2. 2017年のSUPER GT開幕まで2週間となった25日、富士スピードウェイでスタート。初日…
  3. 今年も東京モーターサイクルショーが行われている東京ビックサイトで、「2017コカ・コーラ鈴鹿…
  4. ©︎Pirelli いよいよ、2017年のF1世界選手権が24日、オーストラリアのメルボル…
  5. 2017年のSUPER GT開幕を2週間後に控えた3月25・26日に今季2回目となる公式合同…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る