【SGT】岡山国際サーキットで2016公式合同テスト開催、今季仕様の各マシンが登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

 2016年のSUPER GT開幕まで3週間に迫った中、毎年恒例の公式合同テストが岡山国際サーキットで19・20日の2日間にわたって開催された。

 今回は三連休での開催だったこととと、2日とも天候に恵まれたため多くのファンが来場。特に2日目はサーキット周辺は大渋滞となり、オープンピットも、マシンやドライバーを一目見ようと、多くのファンで賑わった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 大半のファンのお目当ては、今季仕様にカラーリングされた各マシン。GT500クラスは外観の形状変更ができないため、ほとんどのチームが2016仕様のカラーリングで登場。毎年テストカラー「フェイズ1」を岡山テストで導入していたNo.100RAYBRIG NSX CONCEPT-GTも実戦仕様のカラーリングが早くも導入。このほかにも今年大きくカラーリングが変わるNo.6WAKO’S 4CR RC FやNo.24フォーラムエンジニアリングADVAN GT-Rに注目が集まっている様子。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 またGT300クラスは、各メーカーがFIA-GT3車両をモデルチェンジさせたのに伴い、新しいマシンも続々登場。メルセデスAMG GT3やランボルギーニ・ウラカン、またポルシェやアウディにも注目が集まっていた。

 GT500クラスはレクサス勢が2日間とも速さを見せ、初日は大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ組の6号車が1分18秒877を記録。2日目はNo.37KeePer TOM’S RC Fが1分18秒918でトップタイムを記録。日産勢、ホンダ勢に対して早くもアドバンテージをつけるような走りをみせていた。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 GT300クラスは初日に新型に変わったaprプリウスGTの31号車がトップタイムを記録するが、2日目の午前にトラブルが発生。No.88マネパランボルギーニ GT3が1分26秒045で2日目の総合トップとなった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

 開幕戦は4月9・10日に同じ岡山国際サーキットで開催。今年はテストからシリーズ戦を上回る大盛況ぶりとなり、例年になくSUPER GTへの注目が集まっている。おそらく開幕戦も、昨年を大きく上回る盛り上がりになることは間違いなさそう。そして、白熱したレース展開も期待できそうだ。

SUPER GT岡山公式合同テスト2日目結果(公式サイト)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る