【MSJ2016】11回目のモータースポーツジャパン、2日目は強風で中止になるも合計5万人が来場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 今年も東京・お台場でモータースポーツの魅力に触れ合える祭典「モータスポーツジャパン フェスティバル イン お台場2016」が4月16・17日に開催され、合計で53,274人が来場した。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 2006年から毎年お台場で開催されてきた入場無料のモータースポーツイベントも今年で11回目。国内主要メーカーがブースを出展し、往年の名車から今年レースに参戦しているマシンまでがお台場に集結。さらに今年は全日本ラリー選手権に参戦しているマシンも登場し、実際の「スーパーSS」を会場内の特設走行エリアに設置。迫力あるデモンストレーションランを披露した。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 また14日夜に発生した九州・熊本大地震で被災された方々を支援するため、インフォメーションテントを始め、各ブースに募金箱を設置。集まったお金はモータースポーツジャパン事務局を通じて、被災地に届けられた。

 特設走行エリアでは、ここ数年公表となっているグリッドウォークを実施。エンジン始動デモンストレーションでは、実際のレースと同じスタート進行の流れをとり、レーシングカーの迫力あるエキゾーストノートがお台場に響き渡った。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 午後には国内最大級の人気を誇るSUPER GTのピットストップコンテストも開催され、シリーズ戦同様に0.1秒を争う大接戦となり、サーキットと同じような緊張感に包まれるほどになった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 当初は2日目の17日も開催予定だったが、発達した低気圧の影響で会場周辺は朝から強風が吹き荒れ、テント等の倒壊の恐れもあったことから、午前10時で全イベントの中止が決定。当日来場を予定していたファンも多く残念がる声もあったが、風速20mを超える荒天の中、大きな事故もなくイベントを終えた。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…

最近の記事

  1. ©︎Pirelli いよいよ、2017年のF1世界選手権が24日、オーストラリアのメルボル…
  2. 2017年のSUPER GT開幕を2週間後に控えた3月25・26日に今季2回目となる公式合同…
  3. 鈴鹿サーキットで行われた2017年のスーパーフォーミュラ第1回合同テスト。2日目午後のセッシ…
  4. 2017年のスーパーフォーミュラ鈴鹿合同テスト。注目のGP2王者ピエール・ガスリー(TEAM…
  5. 鈴鹿サーキットでの2017スーパーフォーミュラ合同テスト1日目で、アンドレ・ロッテラー(VA…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る