【SF】2016第2戦岡山:決勝レースは悪天候により赤旗で途中終了

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©S.Nakagawa
©S.Nakagawa

 2016年のスーパーフォーミュラ第2戦岡山。決勝レースは大雨により8周終了時点で赤旗終了となった。

 午前中のフリー走行はドライコンディションだったが、お昼になって雨が降り始め、直前の全日本F3の第6戦からウエットレースに。それでも直前の8分間ウォームアップは特に大きな問題はなかったがフォーメーションラップ開始に近づき雨脚が強くなっていった。

 結局、セーフティカー先導でスタート。雨脚が弱まるのを待ったが、逆に強くなっていく一方。なかなかSC先導が解除されることはなかった。

 その間に後続ではトラブルが続出。小林可夢偉(SUNOCO TeamLeMans)がステアリングの電気系トラブルでピットイン。新しいものに取り替えたが問題が解決せず計3回ピットストップを行った。

 さらに6周目にはジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がストップ。ステアリングの電源が突然切れ、シフト操作等ができなくなってしまった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 天候の回復が見込めないことから、9周目に赤旗中断。約40分程度、状況を見て何とかレース再開を試みたが、雨は強まる一方で16時05分にやむなく終了が決まった。

 こういった形で悪天候によりレースの途中終了が決まったのは2008年の第7戦富士以来。ルール上、2周以上でレースは成立しハーフポイントが与えられることになる。結果的に石浦がそのまま優勝、2位に塚越広大、3位に伊沢拓也という結果になったが、思いもよらぬ展開だっただけに素直に喜べない印象だった。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 なおレース後、来場いただいたファンに時間限定でピットレーンを解放。ドライバーたちも登場しファンサービスを行った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る