【2016F1日本GP】今週末の台風の目はレッドブル?都内で日本GPに向けての意気込みを語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

7日から走行セッションが始まる2016F1日本グランプリを前に、レッドブル・レーシングが日本のメディア向けに囲み取材を実施。ダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンが今週末の意気込みを語ってくれた。

ちょうど前戦のマレーシアGPではリカルドが今季初優勝。フェルスタッペンも2位に続き、陣営が久しぶりにワンツー・フィニッシュを獲得し絶好調。昨年は苦労した部分もあったが、今年は着実に速さを取り戻し、メルセデス勢に近づくパフォーマンスを見せている。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

優勝を果たしたリカルドは「とにかく嬉しかった。モナコの時は勝つことはできなかったけど、キャリア初ポールがとれるなど、(結果以外は)完璧な週末を送ることができた。それと同じことを続けていれば、必ず勝てるを思ってやり続けてきたよ」とコメント。日本に入ってからはフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)と寿司を食べに行くなど、わずかではあるが日本を満喫していた様子だった。

今年はレッドブルに移籍して史上最年少初優勝を成し遂げたフェルスタッペン。彼にとって鈴鹿は初めてF1でフリー走行を体験した思い出の場所でもある。その鈴鹿について「僕にとって特別な思い出があるコース。一昨年の金曜フリー走行で初めてF1で走行した。とてもチャレンジングなコースだと思う。特にセクター1は速度が速いんのにコース幅が狭く、バリアへのマージンも少ない。走りがいがあるし、面白い部分だよ」と語ってくれた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

そして気になる今週末のレース。残念ながら天気予報では予選、決勝ともに雨模様となりそうなのだが、逆にレッドブルの2人は、それを好機と捉えている模様だ。

「間違いなくチャンスはあるよ。2年前だったかの雨のレースでも速さをみせることができた。今のレッドブルのマシンはコンペティティブなマシンになっているし、メルセデスに近づくことはできると思う」

フェルスタッペンも「雨になることは僕たちにとって良いことだと思っている。空力面ではレッドブルのマシンは強さを持っている。ドライでも速いんだけど、現状メルセデスとは差がある。だけど雨になればその差が縮まると思うよ」と自信をみせていた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

今年はメルセデス勢が圧倒的に有利な状態だが、その中で彼ら以外で唯一勝利を挙げているのがレッドブル勢。先週の勢をそのままに、ここ鈴鹿でも勝利をもぎとれるか。レッドブル勢の走りから目が離せない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る