【SF】2016第7戦鈴鹿:間近で観て、会えるラストチャンス!バンドーンのSFラストランを見逃すな!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

いよいよ今週末鈴鹿サーキットで開幕する2016全日本スーパーフォーミュラ選手権の最終戦「第15回JAF鈴鹿グランプリ」。開幕戦から注目を集めていたストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)にとっては国内ラストレースとなる。

2015年にGP2シリーズを制し、今季はマクラーレン・ホンダのリザーブドライバーと兼任してスーパーフォーミュラに参戦。将来は確実にF1に行くドライバーということでファンや関係者も注目。またライバルたちは「簡単には勝たせない」と、さらにモチベーションを上げていた。

本来なら来シーズンからのF1デビューで話が進んでいたがF1第2戦バーレーンGPでドクターストップがかかったフェルナンド・アロンソに変わって参戦。いきなり10位入賞を果たした。さらにSF開幕戦ではいきなり予選4番手に食い込み、決勝では3位表彰台を獲得。その後も勢いは止まらず第3戦富士ではポールポジション獲得。第5戦岡山のRace1では見事優勝を飾るなど、実力だけでなく経験も必要と言われるスーパーフォーミュラで、次々とトップの座を勝ち取り、明らかに世界トップレベルに通用するドライバーだということを世界中のファン、関係者に証明するレースを見せた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

そして9月に2017年からマクラーレン・ホンダからフル参戦が正式発表。同時にスーパーフォーミュラはさう所で最後のシーズンとなる。

ご存知の方も多いと思うが、F1ではドライバーからサインをもらうチャンスなども限られているため、彼に直接会えるチャンスも来季以降は減るだろう。しかしスーパーフォーミュラでは土・日の2日間でピットウォークが開催され、わずかな時間だがバンドーンも登場する。直接彼にエールを贈れる、ある意味最後のチャンスだ。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

またF1よりもコーナリングスピードが高いSF14で鈴鹿を攻める最後のレース。1、2コーナーやS字、そしてスプーンなど、彼がどんな走りを見せてくれるのか、こちらも見逃せない。

逆転チャンピオンの可能性も残しているバンドーン。29日の予選、そして2レース制となる30日の決勝をどのように締めくくるのか?非常に注目が集まる。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る