【SGT】2016第8戦もてぎ:DENSO KOBELCO SARD RC Fが待望の今季初勝利!同時にシリーズチャンピオンを獲得!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©︎Circuit Now
©︎Circuit Now

2016年のSUPER GT第8戦もてぎ。いよいよチャンピオンが決まる最終戦の1日が始まった。

この日も、朝に予選を行い午後に決勝というスケジュール。昨日同様にNo.39DENSO KOBELCO SRAD RC Fが速さを見せ、今日は平手がコースレコードを塗り替える1分46秒491で2日連続ポールポジションを勝ち取り、2番手にNo.37Keeper TOM’S RC F(ジェームス・ロシター/平川亮)、3番手にNo.6WAKO’S 4CR RC F(大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ)、No.19WedsSport ADVAN RC F(関口雄飛/国本雄資)が続き、レクサス勢がトップ4を独占。逆にランキング2位のNo.1MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)は9番手と後方に沈み、39号車に完全に流れが傾き始めた。

©︎Circuit Now
©︎Circuit Now

注目の決勝レース。昨日同様に39号車の平手がホールショットを奪い、後続を引き離しにかかる。これに2番手に浮上したのが6号車のカルダレッリ。彼らもチャンピオンの可能性を残しており、その絶対条件とも言える優勝を目指し、平手を追いかけた。昨日はセーフティカーなど、混乱が多いレースとなったが、今回は特に荒れた展開もなく、トップ争いは2秒前後の間隔で平手vsカルダレッリの緊迫したバトルとなった。

©︎Circuit Now

18周目を過ぎると、各チーム続々とピットインの準備を開始。39号車は上位陣の中では先に動く形となり、20周終わりでピットイン。コバライネンにバトンタッチする。これに合わせて6号車はよく21周終わりにピットストップを行うが、39号車を逆転することはできず後半スティントに突入していく。

一方、1号車は9番手から少しでも上位を目指すべくタイヤ無交換作戦を敢行するが、今週末のレクサス勢は強く、なかなか彼らの前に出ることはできなかった。

©︎Circuit Now
©︎Circuit Now

初のシリーズチャンピオン、そして昨日果たせなかった優勝を何としてもつかむべく、力強く周回を重ねていく。しかし終盤に差し掛かったところで、タイヤがきつくなってきたようでペースダウン。当初は5秒以上のリードがあったが、みるみるうちに縮まっていき、その差は1秒に。終盤にきてチャンピオンをかけた激しいトップ争いとなった。

©︎Circuit Now
©︎Circuit Now

1号車が後方に沈んでいるため、2位になってもチャンピオンになるのだが、やはり勝ってチャンピオンを決めたいところ。コバライネンも隙を見せない走りで逃げ切っていく。またしても1秒以下の僅差でファイナルラップに突入していくが、順位は結局入れ替わらずチェッカーフラッグ。39号車が待望の今季初優勝を飾るとともにシリーズチャンピオンを決めた。2位には6号車が入り、3位にはNo.19Weds Sport ADVAN RC Fが続き、終わってみればトップ5を独占する強さをみせた。

©︎Circuit Now ©︎Circuit Now
©︎Circuit Now

2013年以来となる2度目のチャンピオンとなった平手はゴール直後に涙を流しチームスタッフと抱擁。参戦2年目でチャンピオンを決めたコバライネンもパルクフェルメでマシンを降りるとガッツポーズで優勝とチャンピオン獲得を喜んだ。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…
  2. 2017-6-27

    【2017F1日本GP】F1日本グランプリ まだまだ間に合う特設キャンプエリア予約受付中!

    F1日本グランプリ時の宿をお探しの方! 鈴鹿サーキットの敷地内にある「特設キャンプエリア」…

最近の記事

  1. F1日本グランプリ時の宿をお探しの方! 鈴鹿サーキットの敷地内にある「特設キャンプエリア」…
  2. ©T.Yoshita 東京・青山にあるホンダウエルカムプラザ青山で、凱旋帰国中の佐藤琢磨を…
  3. ©T.Yoshita 6月13日、東京・青山にあるホンダウエルカムプラザ青山で、インディ5…
  4. 2017年のインディアナポリス500マイルで日本人として史上初優勝を飾った佐藤琢磨選手の、F…
  5. ©T.Yoshita 5月28日に行われた第101回インディ500で、見事日本人として初優…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る