【SF】小林可夢偉、KCMGでのテスト参加理由を語るも、来季については「まだ何も決まっていない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©︎KANSENZYUKU

24日に鈴鹿サーキットで行われたスーパーフォーミュラの合同&ルーキーテスト。今回のテストで一番の驚きだったと言えるのが、小林可夢偉がKCMGから参加したということだろう。

最終的に、テスト当日の朝になって明らかになったエントリーリスト。KCMGには可夢偉と、今季レギュラーで参戦していた中山雄一の名前があったが、結局終日ともに可夢偉がドライブした。

朝はセッション開始前にスロットル系のトラブルと抱えてしまい、約30分ほどガレージでの作業を強いられてしまったが、その後は順調に走行。午前中はウエットからドライに変わる微妙なコンディションの中で5番手。完全にドライとなった午後のセッションではトップから0.382秒差の7番手につけた。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

合計6時間のテストセッションを終えた可夢偉。まず今回はルマンではなく、KCMGから参加したことについては、このように語ってくれた。

「今まで開発者と8号車しか乗ったことがなかったので、他のクルマに乗りたい(テストしたい)ということでお願いをして、KCMGで乗る機会をいただきました。朝はアクセルが戻らないトラブルがありましたが、それ以外は順調でした。全体的にそんなに悪くはなかったですが、最初は今まで経験していないクルマのバランスで乗り始めて、今まで悩んでいたことが違う方向に行きつつあるようなバランスで、そういう意味では僕が乗っていたクルマのバランスだけではないんだということは感じました」

このタイミングで、このような形で乗るとなると、やはり来季は移籍なのか?という推測もでてくるのだが、そこに関して可夢偉は「来年のことは、まだ何も決まっていないです。今回は今までとは別のクルマに乗ってみたかったというだけ」ときっぱり回答した。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

2010年から日本のトップフォーミュラに挑戦しているKCMGだが、まだ優勝経験がなく、特に今年は苦戦を強いられてしまい、チームはノーポイントに終わってしまっている。今までの実績等を考えると、可夢偉にとっては来季も名門ルマンやそれに匹敵するチームでの参戦するというプランが普通かもしれない。

しかし、このシーズンオフに入って最初となるテストで、誰がどのチームに乗っているか?というのが来季のドライバーズラインナップを占うきっかけとなることは、過去の事例を見ても有り得る話だ。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

いずれにしても「まだ決まっていない」とのことで、全てが明らかになるのは来年になりそうだが、ストーブリーグのキーパーソンになることは間違いなさそうだ。

image_print
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-1-22

    【2017F1日本GP】 F1日本グランプリチケット価格詳細!

    鈴鹿サーキットF1日本グランプリ公式ページ http://www.suzukacircuit.jp…
  2. 2017-6-27

    【2017F1日本GP】F1日本グランプリ まだまだ間に合う特設キャンプエリア予約受付中!

    F1日本グランプリ時の宿をお探しの方! 鈴鹿サーキットの敷地内にある「特設キャンプエリア」…

最近の記事

  1. F1日本グランプリ時の宿をお探しの方! 鈴鹿サーキットの敷地内にある「特設キャンプエリア」…
  2. ©T.Yoshita 東京・青山にあるホンダウエルカムプラザ青山で、凱旋帰国中の佐藤琢磨を…
  3. ©T.Yoshita 6月13日、東京・青山にあるホンダウエルカムプラザ青山で、インディ5…
  4. 2017年のインディアナポリス500マイルで日本人として史上初優勝を飾った佐藤琢磨選手の、F…
  5. ©T.Yoshita 5月28日に行われた第101回インディ500で、見事日本人として初優…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る