【MSJ2018】1日開催でも大盛況!多くの来場者がモータースポーツを楽しむ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©T.Yoshita

東京・お台場で開催される恒例のモータースポーツイベント「モータースポーツジャパン2018 フェスティバル イン お台場」が4月14日に行われ、約4万5000人が来場。急きょスケジュール変更があったにも関わらず、大盛況となった。

©T.Yoshita

当初は、14・15日の2日間で開催される予定だったモータースポーツジャパンだったが、15日に荒天の予報が出ており、来場者の安全を最優先に考え2日目のイベントは急きょ中止されることになった。

©T.Yoshita

©T.Yoshita

©T.Yoshita

1日目も午後から天候が崩れるのではないかという予報が出ていたのが、逆に1日しかないということで、この日を楽しみにしていたファンが多数来場。各ブースとも盛況となった。

©T.Yoshita

©T.Yoshita

©T.Yoshita

©T.Yoshita

特にホンダブースには、現在活躍中のトロロッソ・ホンダのレプリカマシンが展示された。前日のF1第2戦バーレーンGPでピエール・ガスリーが4位入賞を飾ったこともあり、多くのファンや来場者が足を止めて、マシンの撮影を行っていた。

この他にも、TOYOTA GAZOO RacingブースにはトヨタTS050ハイブリッドやスーパーGTで活躍するLC500、RC F GT3マシンが展示。日産やスバルのブースでもGTマシンに加えロードカーも展示され、多くの来場者で賑わった。

またZFブースでは、フォーミュラEで使用されているセーフティーカーも登場し、注目を集めていた。

©T.Yoshita

©T.Yoshita

特設走行エリアでは、今年も様々なマシンがデモランを披露。特に今年はSUBARU60周年ということで、久しぶりに1998年のスバル インプレッサWRCが登場。同社のWRカーがMSJで走るのは約10年ぶりとのことで、大きな注目を集めていた。

©T.Yoshita

©T.Yoshita

©T.Yoshita

©T.Yoshita

さらに今年も恒例のSUPER GTピットストップチャレンジが行われたほか、メーカー対抗カートバトルも昨年以上に白熱したレース展開をみせた。

©T.Yoshita

結局、1日目も15時過ぎに終了したが、来場者数は4万4917人。昨年を下回る結果となったが、終日熱気あふれるイベントとなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る