【SF】2015年各チーム体制に変更、KONDO RACINGは2台体制、無限はライマーが契約解除

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 4月に開幕する全日本選手権スーパーフォーミュラ。開幕まで2ヶ月を切り、来週から公式合同テストが始まろうという中、各チームの体制に動きがあるようだ。

 まず近藤真彦監督率いるKONDO RACINGは、3号車のジェームス・ロシターに加えてウィリアム・ブラーが4号車で参戦。チームは久しぶりに2台体制でエントリーする。またマシン名は「FUJI×D’station KONDO SF14」になることも明らかにされ、SUPER GTでサポートをしているD’stationがスーパーフォーミュラもサポートすることになるようだ。ブラーはFルノー3.5やイギリスF3で経験を積んできた若手ドライバー。F1を上回るコーナリングスピードを発揮するマシンでどんな走りを見せるのか注目だ。

 一方エースのロシターはチームが2台体制となるため、マシンのセットアップなども幅が広がることが期待され、今季は優勝争いやチャンピオン争いに加わってくる可能性も十分ある。外国人ドライバー2人を起用する近藤監督はリリースで「いずれにしても念願の2台体制でチーム力強化に繋がっていると思いますので、是非応援してください」とコメント。今年はチームとしては7年ぶりの優勝も見られるかもしれない。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 これに加え、ホンダ勢のTEAM無限も体制変更を発表。2013年のGP2王者であるファビオ・ライマーが急きょ契約を解除することを明らかにした。ライマーから契約条項を履行できないとの連絡を受け、チームとライマーで話し合った結果の決定とのこと。なお16号車は変わらず山本尚貴が乗り込むことに変更はなく、2台体制での参戦を目指しているという。詳しいことについては不明だが、ライマーの日本での走りを楽しみにしていたファンにとっては、少々残念なニュースになってしまった。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る