【2016鈴鹿ファン感】第7回永遠のライバル対決が開催決定!今年は星野vs中嶋vs関谷の三つ巴GTバトル!

©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 3月12・13日に開催される「鈴鹿サーキットモータースポーツファン感謝デー」で、恒例の“あの対決”が今年も行われることになった。

 鈴鹿サーキットを運営する株式会社モビリティランドは2日、鈴鹿ファン感のイベントコンテンツに関する新しいリリースを発表。第7回永遠のライバル対決は、星野一義氏と中嶋悟氏に加え、関谷正徳氏も新たに加わることが明らかとなった。

©TOYOTA
[関谷正徳氏(写真右/©TOYOTA)]

 星野氏、中嶋氏と並んで国内のみならず海外でも輝かしい実績を残してきた関谷氏。1995年にはル・マン24時間レースで日本人として初めて総合優勝を獲得。全日本ツーリングカー選手権でも2度のタイトルを獲得している。

 今回対決で用いられる車両は、初のGTマシン。中嶋氏は2013年のEPSON HSV-010、関谷氏は2013年のPETRONAS TOM’S SC430を駆ることが決定。星野氏も日産GT-Rに乗る予定だが、具体的な車両(年型)については調整中のようだ。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU

 現在、SUPER GTでは3者ともがGT500で監督を務め「チームを率いる」という立場から、それぞれライバル関係にある。それが今回はドライバーとして鈴鹿サーキットで対決することになったのだ。

 実は、3人は30年前の1986年に全日本F2の第7戦で一度だけ対決をしたことがあり、その時は星野氏が勝利。奇遇にも永遠のライバル対決を制した者が所持できる「チャンピオンベルト」は昨年勝利した星野氏が現在持っており、今年は誰の手に渡るのか、それとも星野氏の初の防衛となるのかが見どころとなりそうだ。

©T.Yoshita/KANSENZYUKU ©T.Yoshita/KANSENZYUKU
[昨年のライバル対決]

 ライバル対決は12・13日の2日間にわたって、鈴鹿サーキットの東コースで開催。今年の対決はより一層激しいものになりそうだ。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る