【SF】2017鈴鹿合同テスト:ピエール・ガスリー、1日目から4番手!「たくさんのことを学べた」

©︎KANSENZYUKU

2017年のスーパーフォーミュラ鈴鹿合同テスト。注目のGP2王者ピエール・ガスリー(TEAM無限)は初日から4番手タイムを記録。速くも高いポテンシャルを発揮していた。

レッドブルジュニアチームのドライバーで将来はF1へのステップアップも確実と言われているガスリー。昨年GP2チャンピオンを獲得し、ストフェル・バンドーンと同じように日本にやってきた。

彼にとっては、鈴鹿ファン感での公開テストが初走行。まだ本格的なペースアップはせずマシンに慣れることに徹していたようだが、6日からのテストでは彼が持つパフォーマンスが存分に発揮された。

©T.Yoshita

午前中は10番手タイムだったが、午後になると徐々にペースをあげ、1分36秒台に突入。最後の予選アタックのシミュレーションでは1分36秒190をマークし、ホンダエンジン勢ではトップとなる4番手タイムを記録した。

その前後を見ると3番手の石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)とは0.006秒差。前年チャンピオンで石浦のチームメイトである国本雄資のベストタイム(1分36秒616)を上回る速さをみせたのだ。

©T.Yoshita

走行を終えたガスリーは、このように語ってくれた。

「良い1日目だったよ。いろんなことを学ぶことができたし、新しい発見もたくさんあった。とにかく、マシンがとても速いのに驚いたよ。グリップ力もあるし、ダウンフォースもあるし、本当にチャレンジングだった。また鈴鹿は難しいコースでもあるから、もっと細かいところまで覚えなきゃいけないし、他にも良くしていきたいところはたくさんある」

「GP2と比べるとハイスピードコーナーが本当に速いね。特に鈴鹿サーキットはスーパーフォーミュラのマシンの良さが際立つコース。ハイスピードコーナーが多くて、特にセクター1はそう。横Gもすごくかかるから、ちょっと首が疲れているかな」

「まだまだ明日もやらなければいけないことがたくさんあるから、もっと速く走れるようにしていきたいから、明日も引き続き色んなことを学びながら、開幕に向けて準備していきたいね」

©T.Yoshita

また今回は、2台体制になったTEAM無限も好調な様子。残念ながら山本尚貴はマシントラブルが発生し、最後のアタックができず2日目の最終セッションでは、どこまで上位に食い込むのか。非常に楽しみだ。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る