【FormulaNippon】第2戦もてぎが明日から開幕、現地ではマシン搬入など準備が進む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

IMG_2943

今週末の12・13日、栃木県のツインリンクもてぎでフォーミュラ・ニッポン第2戦が行われる。

現地のツインリンクもてぎでは、前日の11日からマシンや機材の搬入作業が進んでおり、明日からの決戦に備え、ドライバーたちも続々とサーキット入りしている。
また、グランドスタンドには地元栃木県出身の山本尚貴(TEAM 無限)を応援する横断幕が準備されており、昨年同様に多くの地元ファンで埋め尽くされることが予想される。

IMG_3015 IMG_2938

今回の第2戦ももてぎでは、土曜日の公式予選がシリーズ戦唯一のスペシャルステージ(スーパーラップ)方式で行われる。11時10分~11時30分で予選1回目(Q1)が行われ、上位12台がスペシャルステージに進出。Q1で12位タイムだったドライバーから1台ずつコースインし、1周勝負のタイムアタックでポールポジションが争われる。普段のノックアウト方式とは異なり、コースにいる全てのファンが1台のマシンに注目する中、“一発勝負”のタイムアタックが観られるのが、スペシャルステージの魅力だ。

決勝レースは52周(249.652km)で争われる。今回もタイヤ交換義務はないものの、燃料給油のために、必ず1度のピット作業が必要となる。燃費とレースペース、そしてタイヤマネジメントなど各チーム・ドライバーのレース戦略にも注目が集まる。

IMG_8955
[開幕戦で勝利した中嶋一貴]

前回の開幕戦鈴鹿(4月14日決勝)では、中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM’S)が見事なレース戦略で優勝。もちろん、今回も優勝候補の筆頭に上げられているが、チームメイトのアンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM’S)や昨年第4戦もてぎで優勝しているジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(TEAM IMPUL)など誰が勝ってもおかしくないレースになることは間違いない。

IMG_2902

今回も観戦塾では第2戦もてぎの様子を、現地からレース・イベントのレポートを配信していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る