【FSC】GT300予選:2レースともハンコックポルシェが驚異的な速さでPP獲得!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

GT500クラス同様に、GT300クラスも決勝2レース分の公式予選が行われ、第1・第2レースともにHANKOOK PORSCHE(影山正美/藤井誠暢)がコースレコードを大幅に更新しポールポジションを獲得した。

まず14時05分から行われた第1レースの予選。こちらも午前中で好調だったポルシェ勢が速さをみせ、シリーズ戦でチャンピオンを獲得したエンドレスTAISAN 911の横溝直輝が暫定トップ。そこに後半で調子を上げてきたJLOCのランボルギーニ勢が続く。しかしセッション終盤にもう1台のポルシェである33号車ハンコックポルシェの藤井がベストタイムを更新。本人も驚く1分37秒930をマークしポールポジションを獲得。藤井は「まさか37秒台が出るとは思いませんでしたが、ポールがとれて嬉しいです。昨年は優勝目前で逆転されて悔しい思いをしたので、その鬱憤を晴らしたいですね。」と明日の決勝に向け意気込みを語った。

第2レースの予選でも、ハンコックポルシェが他を圧倒する速さを見せる。セッション序盤は第1レース時と同じくランボルギーニ勢が上位を占めたが、セッション後半で狙ったかのようにセクタータイムを次々と更新すると藤井のタイムに迫る1分37秒892を叩きだし、第2レースのポールポジションを獲得した。

予選後のインタビューで影山は「藤井選手が相方のことを考えずに凄いタイムを出したので、正直プレッシャーを感じました(笑)でも、このマシンは誰が乗っても速いですし、今回もハンコックさんが素晴らしいタイヤを用意してくれたので、同じポルシェ勢の911号車にも勝つことが出来ました。」と予選を振り返った。

しかし、明日の第1レースの天気予報は雨。今年のハンコックタイヤはドライでは強さを発揮するものの、ウエットコンディションに苦戦している傾向がある。その点で藤井が担当する第1レースは、どのような展開になるのか?GT300クラスの決勝レースからも目が離せない。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 8日に決勝レースが行われた2017F1日本グランプリ。決勝日は68,000人が来場。3日間の…
  2. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。昨日から降っていた雨は午前中も続い…
  3. 鈴鹿サーキットで行なわれている2017F1日本グランプリ。6日(金)のフリー走行にはあいにく…
  4. [table id=79 /]…
  5. いよいよレースウィークが開幕した。 朝早くから多くのファンが来場し、9時00分から始まった…

カテゴリー

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る