【WEC】トヨタが2013年WEC参戦体制を発表。今年も2台体制でル・マンに挑戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

TOYOTA
[Photo:TOYOTA]

昨年から世界耐久選手権(WEC)にワークス参戦を果たしているトヨタが19日、フランス・ポール・リカール・サーキットで2013年のWEC参戦体制を発表。同時に2013年仕様の改良版TS030HYBRIDが公開された。

昨年は、6レースに参戦し3勝を挙げる大活躍をみせたトヨタ。しかし、6月のル・マン24時間耐久レースでは一時優勝争いに絡む快走をみせるものの、アクシデントにより2台ともリタイアという悔しい結果に終わった。

今季はWECでのシリーズチャンピオンに加え、長年叶えられなかったル・マン24時間での総合優勝を目指し、TS030を改良。レギュレーション変更になった最低車両重量15kgアップに対応。モノコックを全面改良し空力パッケージも見直すなど、細部に渡り変更が加えられた。

ドライバーズラインナップは昨年と変わらず、エースカーである7号車にはアレキサンダー・ブルツ、ニコラ・ラピエール、中嶋一貴の3人組。8号車にはル・マンでの怪我から復帰したアンソニー・デビッドソンにステファン・サラザン、セバスチャン・ブエミという布陣で挑む。

今年もル・マンには2台体制で参戦する他、今年は8号車もWECシリーズ戦にも参戦予定。10月には富士スピードウェイで日本ラウンドも開催され、ここでは2年連続母国GP制覇に期待が集まっている。

TOYOTA
[Photo:TOYOTA]

早速、改良版TS030は20日からポール・リカールで本格的なテスト走行を開始、4月14日に決勝が行われる開幕戦(イギリス・シルバーストン)に向けて準備を進めていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 2017-9-17

    【2017F1日本GP】ドライバー・チームのInstagramアカウント一覧

    ドライバー、チームのInstagramアカウントをまとめてみました。 一昨年頃からドライバー、…

最近の記事

  1. 今年も鈴鹿サーキットに往年の名車が集うヒストリックレーシングカー・レーシングバイクのイベント…
  2. [table id=80 /]…
  3. 10月25日から11月5日まで東京ビックサイトで開催された「東京モーターショー2017」は、…
  4. ツインリンクもてぎで10月28・29日にWTCC JVCKENWOOD Race of Ja…
  5. 国内外のモータースポーツで活躍するプロフェッショナルフォトグラファーの団体「日本レース写真家…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る