【S-GT】2013第1戦岡山:決勝日は16,000人が来場。白熱の優勝争いに大興奮!

©KANSENZYUKU

4月6・7日の2日間に渡って開催された2013 SUPER GT第1戦岡山ラウンド。初日の土曜日は天候が悪かったにも関わらず8,000人のファンが来場。晴天に恵まれた日曜日は16,000人が来場し、今年最初のSUPER GT観戦を楽しんだ。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

初日の土曜日は大雨と強風で予選が途中で中止になるなど大混乱の一日となってしまったが、日曜日は朝から晴天に恵まれ、ピットウォークや決勝前のグリッドウォークなど大盛況。今年も「SUPER GT」らしい現地の雰囲気が帰ってきた瞬間だった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

決勝では特にGT500の優勝争いが白熱し、MOTUL NISMO GT-R(柳田真孝)とRAYBRIG HSV-010(小暮卓史)による一歩も引かないサイド・バイ・サイドのバトルをはじめ、コース各所で手に汗握る大熱戦が繰り広げられ、初日の混乱を吹き飛ばす素晴らしいレースとなった。

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

©KANSENZYUKU ©KANSENZYUKU

また、レース終了後には「フランドフィナーレ」という形で300kmの決勝レースを走り切ったマシンなどが並べられたホームストレート一部開放され、多くのファンが間近に置かれたGTマシンの前で写真撮影や、すぐとなりで行われている表彰式のギャラリーとして参加するなど、レース後の余韻に浸っていた。

©KANSENZYUKU

次回のSUPER GTはゴールデンウィーク序盤の4月28(日)・29(月/祝)に静岡県の富士スピードウェイで開催される。毎年この時期はゴールデンウィーク期間中ということもあり、シーズンの中で一番盛り上がるレースであり、都心からも比較的近く電車など公共交通機関でサーキットに行けるサーキットでの開催。今までは現地に行けずテレビ観戦だったという方も、次回は是非サーキットに行って目の前で“SUPER GTならでは”のサイド・バイ・サイドのバトルや、普段当サイトでご紹介しているピットウォークか場内の各イベントに参加して、現地観戦を満喫していただきたい。

『記事:吉田 知弘』

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…
  2. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…

最近の記事

  1. ©️GTA 2024シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.3『S…
  2. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  3. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  4. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  5. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る