【SGT】2013第6戦富士(GT500予選):ZENT CERUMO SC430が驚速PP!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

©KANSENZYUKU

SUPER GT第6戦富士の公式予選。GT500クラスはZENT CERUMO SC430(立川祐路/平手晃平)がQ1、Q2ともにトップタイムを叩き出し今季初のポールポジションを獲得した。

今にも雨が降りそうな曇り空の中で始まった予選Q1。まずは午前中の公式練習で速さを見せていたREITO MOLA GT-R(関口雄飛)がトップタイムを記録しリードしていたが、残り2分を切ったところで各車がペースを上げて次々とタイムを更新。最終的に平手が駆る38号車セルモが1分32秒480を記録。46kgと軽いウェイトが有利に働いた。その一方で、ランキング首位のMOTUL AUTECH GT-R(柳田真孝)と2位のカルソニックIMPUL GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)は重いウェイトに苦戦。12号車のオリベイラは14位に沈み、23号車の柳田も最後までタイムアタックを試みたが、1分33秒330で9位。まさかのノックアウトとなってしまった。

続くQ2でも、38号車の快進撃は止まらず、最多PP記録を持つ立川祐路が、ここ一発の集中力を披露。ライバルに0.3秒近い差を築く1分32秒480を記録した。そこにKeeper TOM’S SC430(伊藤大輔)も1分32秒820で2番手に続き、レクサスが1−2体制を築いた。これに1号車MOLA GT-Rの本山哲や、100号車RAYBRIG HSV-010の伊沢拓也も果敢に攻めていくが更新はならず、最後に80kgの重いウェイトを積むウイダーモデューロHSV-010(山本尚貴)が渾身のアタックで1分32秒824を叩き出し3位。ここでチェッカーとなり、立川の通算18回目のポールポジションが決まった。

今シーズンはチャンピオン候補と目されていた立川/平手組だが、不運なアクシデントが続き3戦連続でノーポイントとなってしまっている。逆転タイトルの可能性は残っているものの、それを実現するためには、ここ富士での優勝が必須。2人とも、そのことを十分に理解しており、記者会見では笑顔はほとんど見られなかった。「重要なのは明日の結果です。ただ今日は朝から流れが良かったから、こうしてポールポジションをとれたことも事実。この良い雰囲気で明日も頑張りたい。」と2人そろって気を引き締めていた。

『記事:吉田 知弘』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. 登録されている記事はございません。

最近の記事

  1. 2018年シーズンから、FIA(国際自動車連盟)と各国のASN(日本ではJAF)とプロモータ…
  2. 7月8日(日)から西エリアチケット、金曜日券、“Dinner Party with Lege…
  3.   ドライバーをはじめ多くのF1関係者が利用することで人気のレストンラン「SHUN」、をはじめ…
  4. 日本GPを開催する鈴鹿サーキットは、今年の観戦チケットを7月末までに購入した方に「チケットデザインが…
  5. 5月13日(日)の2018F1日本グランプリ観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用で…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

*

*

ページ上部へ戻る