【SF】2013第6戦SUGO:ポールポジションのデュバル「明日はチームのためにも勝って終わりたい」

©TOYOTA ©TOYOTA
©TOYOTA

 2013年のスーパーフォーミュラ第6戦SUGOで見事ポールポジションを勝ち取ったロイック・デュバル(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)。本人も大好きだと語るSUGOで、完璧と言っていい予選アタックを見せた。Q1・Q2・Q3全てで1分06秒前半のタイムを並べ、Q2こそ中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM’S)に負けたがQ3では見事アンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM’S)、山本尚貴(TEAM無限)などチャンピオン争いでも接戦を繰り広げているライバル達に競り勝った。予選後、トヨタのリリースを通してこのようにコメントしている。

 「朝のフリー走行時は路面コンディションが悪く、自分だけではなく、他のドライバーも難しかったのではないかと思うが、セッションの最後にニュータイヤでアタックした時にはクルマの状態が良くなり、好タイムを出す事が出来た。しかし、午後の予選では、タイムは出たものの、セッティングに自信が持てなくなり、Q1、Q2、Q3とセットアップを調整しなくてはならなかった。他のドライバーがミスしたのかわからないが、自分がこうしてポールポジションを獲得することが出来て嬉しい。最終戦は欠場することになるので、明日はチームの為にも勝って終わりたい」(トヨタ リリースより)

昨年は珍しくQ3で力んでしまいミス。ポールポジションのチャンスを失ってしまったデュバル。抜きにくいSUGOのコースで7番手と後方からのスタートを余儀なくされたが、ウエットコンディションの中で素晴らしい追い上げをみせ3位表彰台を獲得。ただ「あの予選がなければ勝てたかもしれない」と悔やんでいた。今年は狙っていた通りのポールポジションスタート。明日は、ライバル達の猛追を振り切り、2010年以来となる国内トップフォーミュラでの優勝を目指す。

吉田 知弘(Tomohiro Yoshita)

投稿者プロフィール

フリーのモータースポーツジャーナリスト。主にF1やSUPER GT、スーパーフォーミュラの記事執筆を行います。観戦塾での記事執筆は2010年から。翌年から各サーキットでレース取材を重ねています。今年はSUPER GTとスーパーフォーミュラをメインに国内主要レースをほぼ全戦取材しています。
初めてサーキット観戦される初心者向けの情報コーナー「ビギナー観戦塾」も担当。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめ記事

  1. 2019-5-12

    【2019F1日本GP】2019日本GP期間中のキャンプサイト予約受付が5月16日(木)9時からスタート

    5月19日(日)の観戦券販売開始に先立ち、レースウィーク中に利用できるキャンプサイトの予約受付が…
  2. 2019-2-23

    【2019F1日本GP】F1日本グランプリ 民間駐車場予約開始!

    2019年10月に開催されるF1日本グランプリの民間駐車場の予約が早くも始まった! 場所は、鈴鹿…

最近の記事

  1. SUPER GT Rd.2 富士スピードウェイ
    Rino Onodera 2024年シーズンのAUTOBACS SUPER GT Rd.2『…
  2. Rino Onodera 2024年 AUTOBACS SUPER GT Rd.1『OKAY…
  3. Rino Onodera いよいよ、2024年シーズンのSUPER GT開幕戦が4月13〜1…
  4. 画像:鈴鹿サーキット いよいよ2024年のF1日本グランプリ開催が近づいてきました。例年より…
  5. いよいよ開幕が近づいてきた2024年のF1日本グランプリ。観戦チケットをゲットした多くの方…

カテゴリー

アーカイブ

SPECIAL SITE

*

*

ページ上部へ戻る